刑務所の「滞在費用」が1100万円に… 借金苦の元受刑者が異議申し立て

一日の滞在費用が高級ホテル並? 元受刑者が「2度目の罰はやめて」と訴える。

2022/09/02 08:00

刑務所・牢屋

アメリカ・コネチカット州の元受刑者の女性は、刑務所から釈放されて20年たった今でも、大きな借金という「罰」に苦しめられていると主張している。『AP News』『ABC News』などの海外メディアが報じた。



 

■まるで高級ホテル

テレサ・ビーティさん(58)は、かつて薬物犯罪で収監された際、刑務所の「滞在費用」として1日に249ドル(約3万4,000円)を請求された。

2年半の刑期を終えた時には、金額は8万3,762ドル(約1,150万円)になっていた。そして現在、彼女は51年間住んだ家を手放さなければいけない事態に直面している。


関連記事:刑務所内で恋仲になった男の受刑者と女看守 脱獄ほう助の末そろって逃走

 

■釈放されても続く「罰」

アメリカの多くの州では、刑務所の「滞在費支払い」のための法律がある。受刑者は、刑務所内で過ごした期間に応じた費用を支払う義務があるのだ。

しかし、この負担があまりにも大きいため、元受刑者のその後の人生を借金に追い込み、更生を妨げる「2度目の罰」だという批判の声も大きい。そのため、最近ではそのような刑務所の方針を縮小、あるいは完全に廃止する取り組みが全国的に進行しているという。

現代 刑務所の作法【Amazonでチェック】

次ページ
■法律は見直されたが…
法律借金話題刑務所高級ホテル受刑者収監翻訳記事コネチカット州滞在費
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング