ゴミ捨て場に現れた張り紙、何かがおかしい… 親の顔より見た「アイツがいる」と話題

とあるゴミ捨て場で見かけたゴミ袋。こちらに貼られた「衝撃的なメッセージ」に、ツッコミの声が多数寄せられており…。

2022/10/04 04:45

日本固有の発展と進化を遂げたのが、いわゆる「ツッコミ」の文化。お笑いに縁がないという人でも、日常生活の中で知人の言動に「ツッコミを入れたことがある」という経験はあることだろう。

現在ツイッター上では、とあるゴミ捨て場で発見された「キレッキレのツッコミ」に反響の声が寄せられているようで…。

【話題のツイート】このゴミ袋、それにしてもノリノリである



 

■「ユーモアのある街」に理由に納得

注目を集めているのは、ツイーッターユーザー・べーたさんが投稿した1件のツイート。

「ユーモアのある街に住んでる」とだけ綴られた投稿には、ゴミ捨て場で撮影したと思しき写真が添えられており、中身の詰まったゴミ袋が確認できる。

ちがう、今日じゃない

これだけであれば特筆すべき事象はない、何の変哲もない日常のワンシーンなのだが…なんと、件のゴミ袋には「ちがうちがう、今日じゃ」「今日じゃなーい」という独特なフレーズと共に、顔の前で手を振っている男性のイラストが描かれていたのだ。下の部分には「廃プラは火曜日です」という補足の一文が記されている。


関連記事:この張り紙、汚れた心の持ち主が読むと… 「R指定」不可避の内容にツッコミ相次ぐ

 

■「こういう返しができるようになりたい」

一連のフレーズを聞いただけでピンと来た人も多いと思うが、こちらのフレーズは歌手・鈴木雅之の代表曲『違う、そうじゃない』の歌詞の一節「違う違う、そうじゃ」「そうじゃない」のパロディと思われる。

1994年にリリースされた同楽曲のシングルジャケでは、スタイリッシュなポーズを決めた鈴木と共に「違う、そうじゃない」という曲名が印字されているため、ネット上では「(言いたいことは分かるが)そういうことじゃないぞ」とツッコミを入れる際、文章を省略して同ジャケの画像のみを送信するムーブが半ば「ネットミーム」として定着しているのはご存知の通り。

若い世代の中には「曲を聴いたことはないけれど、このジャケは知っている」という人も珍しくないだろう。散々ネタにされまくっているため「楽曲もイロモノ」と想像している人は少なくないかと思うが、R&Bやファンク、ソウルをベースにした最高にクールなナンバーであることを明記しておきたい。

そうした背景もあってか、件のツイートは投稿からわずか数日で2万件以上ものRTを記録するほど話題を呼んでおり、他のツイッターユーザーからも「この書き方なら角が立たないので良いですね!」「こういう返しができる人になりたい」「全国の自治体で採用してほしいな」といった反響の声が寄せられていたのだ。

なお、こちらの張り紙の詳細について調査してみたところ…。

一回聴くとクセになるので、ぜひ!【Amazon】

次ページ
■張り紙の「第2弾」も最高すぎる…
ツイッター自治体話題京都府鈴木雅之ゴミ捨て場
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング