唐田えりか、東出昌大が「狩猟生活」の裏で… 経験していた”下積み期間”

2020年に東出昌大との不倫を報じられた唐田えりか。少しずつ女優業に復帰していて…。

2022/10/05 17:15

東出・唐田

2020年に『週刊文春』で不倫を報じられた東出昌大唐田えりか。東出は今年2月に事務所との契約を解除されたが、最近は一部のメディアで「狩猟生活」をしていることを報じられ話題になっている。

一方、唐田は報道後、「下積み期間」を経験していて…。



 

■話題のドラマに出演

唐田は2014年、千葉県のマザー牧場でアルバイトしていたところをスカウトされ、芸能界入り。15年のドラマ『恋仲』(フジテレビ系)にゲスト出演して女優デビューを果たす。

その後、17年の『貴族探偵』(フジテレビ系)や18年の『トドメの接吻』(日本テレビ系)、19年の『凪のお暇』(TBS系)など、話題作に出演し注目される。だが、20年1月に東出との不倫関係を報じられたことで状況は一変。

当時、レギュラー出演していたドラマは降板になり、しばらく表舞台から姿を消していた。


関連記事:長澤まさみ、「10月ドラマの主演」報道で 関係者が絶賛する”両立力”とは…

 

■11月には主演映画が公開

東出は一部のメディアで、自分で獣を狩りガスや水道のない山で暮らす「狩猟生活」をしていることが報じられた。一方、唐田は少しずつ表舞台に戻り始めている。あるテレビ局関係者が語る。

「昨年9月の短編映画で女優業を再開しました。今年11月に公開される映画『の方へ、流れる』で俳優の遠藤雄弥さんとW主演を務めます。一部のメディアでは、23年にNetflixで配信予定のドラマ『極悪女王』の撮影に臨んでいることが報じられています。ようやく本格的な女優復帰となりそうです」(テレビ局関係者)。

ただ、「復帰」に至るまでには「下積み期間」があったようだ。

『凪のお暇』でも話題に【Amazonでチェック】

次ページ
■「事務所で内勤を…」
東出昌大不倫報道唐田えりか主演映画の方へ、流れる内勤
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング