約半数が「他人の揉め事」に対して取った行動とは 後悔している人も…

他人が揉めているところに遭遇したら、どのような対応をするだろうか?

2022/10/22 07:30

周囲の人がなにか悩んでいれば、手を差し伸べたいと思う人もいるかもしれない。しかし他人の揉め事には首を突っ込まないほうがいいと、昔から言われているのも事実だが…。



 

■約半数「揉め事に首を突っ込んで…」

Sirabee編集部が全国の10代~60代の男女1,574名を対象に実施した調査では、全体で47.8%が「他人の揉め事に首を突っ込んだ経験がある」と回答した。

他人の揉め事に首を突っ込んだ経験があるグラフ

男女別で見ると、男性が50.5%、女性が45.3%となっていた。


関連記事:43年間で53人の女性と結婚した男性 類を見ない一夫多妻主義者が話題に

 

■上司が喧嘩を始めたため

編集部が話を聞いた20代男性は、「会社で上司2人が、激しく言い合いを始めました。仕事のやり方で、揉めてしまったみたいで…。近くにいたので放置するわけにもいかず、仕方がないので仲裁に入りました」と首を突っ込んだ経緯を語る。

間に入ったことで2人は落ち着いたが、「激しい言い合いが収まったので、少し安心したのを思えています。ただいいおじさん2人が、ずっと年下の社員になだめられているのがおかしくて…。もう少し、大人になってほしいと思いました」と批判している。

ケンカ仲裁の原則【Amazon】

次ページ
■喧嘩の仲裁をしてもらったが…
トラブル他人喧嘩話題揉め事仲裁
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング