「抱っこひもカバー」3選 雨の日や防寒にも便利なベビーグッズ

雨の日や寒い日は抱っこひもに取り付けられるカバーがあると便利。おすすめの商品をAmazonから紹介。

2022/10/28 10:00

BABYHOPPER抱っこ紐カバー
(画像出典:Amazon

抱っこひもは、赤ちゃんを連れて出かけるときに便利なグッズ。両手が空くので荷物を持ちやすい。

雨の日や寒い日は、抱っこひもに取り付けられる抱っこひもカバーがあると赤ちゃんを暖かく守ってあげられる。Amazonから人気の商品を紹介しよう。


画像をもっと見る

 

 

■BABYHOPPER 抱っこ紐カバー

BABYHOPPERの「抱っこ紐カバー」は、高級感のある杢調生地を表側に使ったダウンカバー。詰め物はダウンとフェザー、裏側は中空糸ボア素材でふわふわ、暖かだ。

表側は撥水加工してあるので、水や汚れを防いでくれる。リバーシブルでベビーカーにも使えるマルチなタイプ。

→BABYHOPPER 抱っこ紐カバー【Amazon】


関連記事:平愛梨、品川駅で“お兄さん集団”にピンチを救われ感謝 「朝からジーンと」

 

■日本エイテックス ウインドブレーカーケープ

日本エイテックスウインドブレーカーケープ
(画像出典:Amazon

日本エイテックスの「ウインドブレーカーケープ」は、かさばらなくて薄いのにしっかり風をよけてくれるウインドブレーカータイプのカバー。裾の部分を折り返すと袋状になるので、赤ちゃんの足をしっかりくるめる。

裏地はメッシュ生地なので蒸れにくく、ポケットが付きでママの手も風や寒さからしっかり保護。ホックの位置を変えられるから、赤ちゃんから3歳くらいまで使える。

→日本エイテックス ウインドブレーカーケープ【Amazon】


■ケラッタ 抱っこ紐ケープ


ケラッタ抱っこ紐ケープ 
(画像出典:Amazon

ケラッタの抱っこ紐ケープ」は、抱っこ紐、おんぶ、ベビーカーにつけられる3WAY仕様。裏地は軽くて暖かいボア素材を使っている。

3か所のボタンで自由に長さの調節が可能。背部バックルに収納ベルトがついているので、余ったストラップを収納できるうえ、持ち運ぶときに便利な収納袋もついている。

→ケラッタ 抱っこ紐ケープ【Amazon】


抱っこひもカバーがあれば、3シーズン使える。大きさが調節可能なものや、ベビーカーにも使えるものなど使い勝手のいいものを選ぼう。

・合わせて読みたい→スーパー店員に「駐車場で授乳は不適切」と注意され… 産後うつの女性が涙止まらず

(文/Sirabee 編集部・池田かおるこ

→Amazonで買える「抱っこひもカバー」一覧

amazon抱っこひも抱っこ紐ウインドブレーカーケープ抱っこ紐カバーBABYHOPPER抱っこひも防寒カバー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング