安倍元首相銃撃事件で注目の「宗教虐待」 山上容疑者世代で目立つ傾向も

旧統一協会にまつわる報道で注目される「宗教2世」「宗教虐待」の問題。経験者の割合を調べてみると…。

2022/11/05 06:00


統一協会

参院選の応援演説中の安倍晋三元首相が、凶弾に倒れて亡くなった事件。実行犯の山上徹也容疑者は、母親が旧統一協会に多額の献金をしており、それが原因で家庭が崩壊。事件の引き金となったとされている。


画像をもっと見る

 

■明るみになった宗教虐待

こうした背景が明らかになると、徐々に報じられ始めたのが、いわゆる「宗教2世」や「宗教虐待」の問題だ。とくに宗教2世と表現されるのは、伝統的、一般的な宗教ではなく、新興宗教を信じる親のもとに育った子供のこと。

新宗教には、日本社会の文化や伝統、学校教育などと必ずしもそぐわない点もあるが、子供は信者である親に宗教のほうのルールを強制されることがある。これが宗教虐待だ。


関連記事:舛添要一氏、統一教会などカルト宗教について持論展開 「カルト110番の設置を…」

 

■学芸会の劇も禁止

たとえば、部活や学校行事よりも宗教行事に出席することを強制される。また、ある40代の女性は、小学校の学芸会で七夕の織姫役を演じることが決まった際、親が学校と教師に抗議。七夕の神話は宗教の教義に合わないとのことで、出演することが許されなかった。

地域のお祭りや盆踊り大会も、盂蘭盆会(うらぼんえ)という仏教行事に由来するとの理由で、友達の中で自分だけ行くことを許されなかったという子供もいる。体育の授業や武道も親が信じる教義ゆえに参加できず、見学せざるを得ないケースも。

こうした宗教虐待の経験者は、どれくらい存在するのだろうか。

「神様」のいる家で育ちました〜宗教2世な私たち〜【Amazonでチェック】

次ページ
■20人に1人が経験
安倍晋三七夕参院選盆踊り統一教会宗教2世山上徹也宗教虐待盂蘭盆会
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング