PTA代行に「その発想はなかった」絶賛の声続出 気になる反響を聞いてみると…

面倒なイメージの多いPTAを「代行」してくれるサービス。気になる実態は…。

2022/11/08 04:15

PTA

「PTA役員制度滅びればいい」「PTA嫌だな…」──。学校内外で行われるPTA活動に対して、ネット上ではネガティブな反応を示す人が多い。

だが、面倒なイメージのあるPTAを「代行」してくれるサービスがあって…。



 

■5つのサービスを「代行」

今年8月、大手旅行会社の近畿日本ツーリストが「PTA代行サービス」を始めた。正式名は「PTA業務アウトソーシング」。

同社の公式ホームページを見ると、「代行」してくれるのは次の5つ。「広報誌などの印刷やデザイン、封入作業などの印刷・デザイン」「PTA専用ページの開設などのWEBサイト作成」「行事の受付のお手伝いや事務作業などの人材派遣」「学校行事やPTA主催イベントの企画運営、ライブ配信などのイベント関連」「講演会や特別授業を実施する出張授業・学習支援」と、PTA活動の中でも特に敬遠されがちなサービスをしっかりとカバーしている。


関連記事:PTAの役員をやるとiPadが割引に…? 「絶対やらなきゃ」意気込む人が続出

 

■「その発想はなかった」

この画期的サービスに対して好意的な反応が多い。ネット上では、「こういう取り組みもっと進めてほしい」「PTA業務を外部化する発想はなかった」「子供絡みの人付き合い苦手だからすごくいいと思う」「委託できるものは委託でお願いしたい」など、絶賛する声が多数あがっている。

「PTA代行サービス」が始まって約3ヶ月経ったが、どれほど反響があったのだろうか。近畿日本ツーリストを統括するKNT─CTホールディングスに取材したところ、「意外な裏側」が明らかになったのだ…。

さよなら、理不尽PTA!【Amazonでチェック】

次ページ
■「PTA代行」を始めた理由
PTA学校行事PTA役員保護者PTA代行近畿日本ツーリスト
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング