W杯通訳の放送禁止用語連発に世間騒然 霜降り・せいや「手汗がちょっと」

サッカーW杯で通訳者が発した言葉が話題に。ツイッターでは「放送禁止用語」がトレンド入りした。

2022/12/14 13:45

サッカーW杯

日本時間14日(現地時間13日)、「FIFAワールドカップカタール2022」(W杯)のアルゼンチン対クロアチア戦が行われ、試合後のインタビューで起きた出来事が話題になっている。



 

■通訳者が…

サッカーW杯準決勝・アルゼンチン対クロアチアの試合は、アルゼンチンが3対0で勝利し、決勝戦へと駒を進めた。試合はABEMAで生中継され、終了後にはヒーローインタビューも流されたが…。通訳者の言葉が議論を巻き起こしている。


関連記事:小柳ルミ子、W杯・アルゼンチン敗戦に衝撃 食事が喉を通らず「心の傷は…」

 

■放送禁止用語を発言

試合で活躍したアルゼンチンのフリアン・アルバレス選手の映像が入る。通訳者はアルバレス選手やインタビュアーの発言を翻訳し、語られた試合の感想などを伝えた。

最後に、アルバレス選手が家族や友人について話す内容があったが、そこで通訳者が放送禁止用語の「キチガイ」を使用。映像が終わると、スタジオの三谷紬アナウンサーが「一部不適切な表現がありました」「失礼いたしました」と謝罪した。


■スタジオに緊張が走る

続いて、試合でPKを決めたリオネル・メッシ選手のインタビューが映ったが、その冒頭でも同じ言葉が発せられ、ワイプに映っていた霜降り明星・せいやは眉をしかめた。

インタビュー映像からスタジオの放送に切り替わり、コメントを求められたせいやは、「いやー、すごかったっすね、ちょっとほんとに、不適切な、心配でちょっと話聞いてなかった。手汗がちょっと」と動揺した様子を見せ、「失礼しました」と頭を下げた。


■ネット上が騒然

このことにツイッター上では、「放送禁止用語を連発してて思わずコーヒー吹きそうになりました」「同時通訳って難しいね笑」「トンデモ発言でスタジオがお詫びする事態に笑」「選手インタビューの通訳がヤバ過ぎてワロタ(笑)」「通訳2オウンゴール」といった反応が上がった。

「MotMはメッシでいいけど、ハイライトは不適切発言連発の同時通訳」「MOM:放送禁止用語連発通訳」と、試合に並ぶ注目度だったとするユーザーも見られた。

この発言はネット上で話題となり、ツイッターでは「放送禁止用語」や該当する単語がトレンドワードに入っていた。

・合わせて読みたい→霜降り・せいや、影山優佳がW杯特番最終回に駆けつけ感嘆 「寝てくれ」

(文/Sirabee 編集部・栗原コウジ

2022 サッカー ワールドカップ メンズ Tシャツ【Amazonでチェック】

ツイッター放送禁止用語トレンドワード霜降り明星FIFAワールドカップせいやAbema三谷紬リオネル・メッシFIFAワールドカップカタール2022フリアン・アルバレス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング