ミシュラン一つ星・鳥羽周作シェフが地元小学校に「最高の給食」をお届け 喜ぶ児童の姿に感動

地元の小学校へ最高の給食を鳥羽シェフがお届け。児童がうらやましくなってしまう、その味とは?

2023/03/17 05:30


ミシュラン一つ星を獲得し、YouTubeやTwitterでも人気のSioオーナーシェフ・鳥羽周作氏。そんな鳥羽シェフの出身は埼玉県戸田市である。

シェフは小学校の教師という経歴を持っているのだが、このたび市内にある新曽北小学校にとても素晴らしいプレゼントを行っていた。


画像をもっと見る

 


 

■鳥羽シェフが作り上げた給食を児童たちに振舞う

そのプレゼントとは、開校50周年を記念して鳥羽シェフが作り上げた給食を、児童たちに振る舞うというもの。

鳥羽シェフのチームだけでなく、多くの学校関係者が努力のうえ作った給食、どれほど美味しいのだろうか?


関連記事:ミシュラン1つ星・sio鳥羽周作シェフが「ゲイ界の橋本環奈」と呼ばれているって本当? 本人と事実確認した結果…

 

 

■誰もがシェフの来校を喜ぶ

16日のイベント当日に取材を行ったところ、その熱量には驚かされた。鳥羽シェフの来校を喜ぶ児童が多いクラスもあれば…

真面目にシェフの話を聞くクラスも。子供たちそれぞれ個性は異なるが、誰もがシェフの来校を喜び、給食に大きな期待をしていることは変わりないように思えた。


関連記事:鳥羽周作シェフ渾身のレシピ3選 “本家を超えた”「白ナポリタン」とは…

 

 

■ミシュランシェフの料理をよそう姿は真剣そのもの

お目当ての給食が届くと、児童たちはシェフからプレゼントされたエプロンを身に着け、率先して配膳を行っていた。

シェフや給食担当の方たちが一生懸命作った給食を、最後に盛り付ける児童たち。ミシュランシェフの料理をよそうその姿は真剣そのものである。


関連記事:あの最強シェフが「日本一のもんじゃ焼き店」を埼玉に出店予定 計画が壮大すぎた

 

 

■笑顔で美味しそうに食べる姿を見ると…

食事中は黙食を推進しているからだろうか? 静かに皆が食べ進めていたが、笑顔で食べる姿を見ると美味しく感じているのはすぐにわかった。こちらまで楽しい気持ちになってしまう。

気になる献立は、国産牛使用のハヤシライスと宮崎県産地鶏のステーキトマトソースがけ、ポテトサラダアンチョビ風味とバナナケーキ、ドリンクはユーグレナ社から提供されたトロピカルフルーツオレだ。


関連記事:マクドナルド、“エグチを超ウマくする裏技”が最高 これは一度は試すべき

■小学校の皆さんがうらやましくなってしまう

気になる味だが、言うまでもなく最高に美味しい。こんな給食が食べられる新曽北小学校の皆さんがうらやましくなってしまうほどで、今年度の給食最終日に行われたイベントはきっと児童の心に残ったことだろう。

美味しいものを作るだけでなく、さまざまな人々に感動を与える鳥羽シェフ、今後の活動にも目が離せない。

・合わせて読みたい→あの最強シェフが「日本一のもんじゃ焼き店」を埼玉に出店予定 計画が壮大すぎた

(取材・文/Sirabee 編集部・熊田熊男

食べたいから作る!鳥羽周作のとっておきごはん【Amazon】

ミシュラン給食埼玉県戸田市鳥羽シェフ新曽北小学校
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング