村上宗隆の劇的サヨナラ打に高木豊氏が大号泣 「心無いツイートもあったけど」

村上宗隆選手がWBCメキシコ戦でサヨナラ打。高木豊氏は「ここで打たなきゃ帰ってこれない気持ちに…」と推測する。

2023/03/21 16:45

村上宗隆

野球解説者の高木豊氏が21日、自身のYouTubeチャンネル『高木 豊 Takagi Yutaka』に出演。野球世界一決定戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」の日本代表・村上宗隆選手のサヨナラ打に大号泣した。

【動画】「ドラマでも描けない」メキシコ戦を振り返る



 

■最後は村上が決めた

日本時間21日、米ローンデポ・パークで行われたWBC準決勝・日本対メキシコ。1点ビハインドの9回裏、日本は無死一、二塁の好機を作り、村上選手がこの日5回目の打席に立つ。

真ん中に入ってきた3球目を強振すると、打球は中堅へ。フェンス直撃の2塁打となり、走者2人が生還。劇的なサヨナラ勝利をおさめた。


関連記事:侍ジャパン・周東佑京の快足に驚きと称賛 村上宗隆の長打で決勝ホームイン

 

■執念の一打に感涙

今大会打撃不振で、この試合も4打席凡退だったが、最後に快音を響かせた村上選手。高木氏は感動で涙が止まらず、ティッシュペーパーで目頭を押さえる。

「相当な精神力だったと思う。死ぬ思いというか、ここで打たなきゃ(日本に)帰ってこれない気持ちになっていたと思う」と当時の村上選手の心境を推測した。


関連記事:WBCメキシコ戦で村上宗隆がサヨナラ打 大逆転にイチロー氏と重ねるファンも

 

■「心無いツイートとかもあったけど…」

「どん底まで追い込まれた気持ちをセンターに打ち返してくれたのがすごいうれしくて。栗山監督も最後まで信じたのがこういう結果になった。感動と勇気を与えた試合。ドラマでも描けない。心無いツイートとかもあったけど、村上の底力を見た気がする」と興奮冷めやらぬ様子で語った。

あすはついに決勝戦、強敵のアメリカと対戦する。きょうの試合は「明日につながる」と信じている高木氏は「最後まで信じよう。明日勝ってまた泣きましょう」と締めた。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)や侍ジャパン関連記事はこちら

WBC 侍ジャパンの死角【Amazonでチェック】

次ページ
■「ドラマでも描けない」メキシコ戦を振り返る
YouTubeWBCワールド・ベースボール・クラシック高木豊村上宗隆高木 豊 Takagi Yutakaローンデポ・パーク
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング