春の行楽シーズンに乗りたい観光列車は? 2位はトロッコ列車、1位は…

【鉄道トレンド調査隊】レストラン列車やトロッコ列車、鉄道に乗ること自体を楽しめる「観光列車」。この春もっとも人気があるのはコレだ。

2023/03/26 05:30

鉄道は単なる交通機関ではなく、乗ること自体を楽しめるエンターテインメントとなりつつある。あなたは観光列車に乗ったことがあるだろうか。

デザイン性に富んだオシャレな車内、沿線でしか見られない風光明媚な景色、地元食材を使った豪華料理が特別な旅を演出してくれる。

各社工夫を凝らし、観光列車のコンセプトは多岐にわたっている。今回は、春の行楽シーズンで乗りたい観光列車を調査した。



 

■春に乗りたい「観光列車ベスト5」

Sirabee編集部が、全国10〜60代男女1,000名を対象に調査したところ、最も多い票を獲得したのは次の5つ。

春の行楽シーズンに最も乗ってみたい観光列車 調査

順々にその人気の理由を解説していく。


関連記事:鉄道事故の遺体写真をグループチャットで共有 逮捕された警官に遺族が怒り

 

■1位はキレイな景色が楽しめる「リゾート列車」

「この春、もっとも乗ってみたい!」とラブコールが集まったのは、美しい景観を楽しめる「リゾート列車」(31.1%)。海、川、山、橋梁など沿線名物の絶景を楽しめる。

秋田県、青森県の海沿いを行く「リゾートしらかみ」は、日本海の絶景を堪能できる列車としてファンが多い。大迫力の景色だけでなく、車内では津軽三味線の演奏など、地元の雰囲気を全身で感じることができる。ほか、伊豆を目的地とする「サフィール踊り子」や、伊勢志摩を目指す「観光特急しまかぜ」なども人気だ。

車両は、景色がよく見えるように、窓が大きく設計されているものが多い。窓を向いた座席や、個室、カフェテラスがある車両も。ビューポイントにくると車内放送の案内や、列車のスピードを落としてくれるサービスも。列車に乗って景色をぼーっと見るだけで心が満たされるリゾート列車は、一人旅で乗るのもおすすめだ。


関連記事:「撮り鉄」「乗り鉄」では真逆の印象? 2人に1人がネガティブに思うのは…

 

■2位は風が気持ちいい「トロッコ列車」

2位は車両に窓がなく、風を感じながら乗れる「トロッコ列車」(17.0%)。ゴトゴト音を立てながらゆっくり走るのんびりした列車だが、山の中や渓谷など大自然を目近に感じ、自動車では味わうことのできない非日常的アドベンチャー。座席を通り抜ける新緑の匂いを、深呼吸しながら感じよう。

黒部峡谷鉄道のトロッコ電車は、黒部峡谷の大自然、エメラルドグリーンの湖面が美しいと評判。嵯峨野トロッコ列車は、京都屈指の渓谷・保津峡の四季を楽しめる。会津鉄道では「お座トロ展望列車」を運行。お座敷とトロッコを掛け合わせたもので、靴を脱いでリラックスして景色を楽しめる。

冬場は休止している列車も多く、春の訪れとともに運行をはじめる。桜や紅葉のシーズンならば、また違った日本の美を堪能できる。

日本観光列車ガイド2023【Amazonでチェック】

次ページ
■3位は本格的な食事が楽しめる「レストラン列車」
行楽シーズン東香名子雪月花鉄道トレンド調査隊観光列車トロッコ列車リゾート列車レストラン列車SL列車寝台列車お座トロ展望列車おれんじ食堂フルーティアふくしま越乃Shu*Kuraきかんしゃトーマス号パレオエクスプレスななつ星in九州サンライズ瀬戸リゾートしらかみ観光特急しまかぜサフィール踊り子
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング