“お化け”の概念を覆す、恐怖体験が怖すぎ… 読者も思わず「トラウマレベル」

やしろあずき氏が「史上最強に怖かった」というお化け屋敷のエピソードに注目が集まった。怖がらせてきたのは…。

2023/04/18 12:15

おばけ・心霊・ホラー

漫画家・やしろあずき氏が17日、自身の公式ツイッターを更新。小学生時代のお化け屋敷での体験を4コマ漫画で明かし、話題を呼んでいる。

【画像】やしろ氏が絶叫したお化け屋敷とは…



 

■「史上最強に怖かったお化け屋敷」

やしろ氏はこの日、「史上最強に怖かったお化け屋敷の話」と題した漫画をアップ。

お化け屋敷とのことだが、遊園地やテーマパークのものではなく、小学生時代に保護者たちが出し物をするイベントの中で出店されたものだった。


関連記事:山内健司、“ネクスト呪術”のオススメ漫画を紹介 「間違いないやつです」

 

■怯える友人「やばいここ…」

保護者たちによるお化け屋敷のため、クオリティの高さは追究できないだろうが、先に入ったやしろ氏の友人は、「お前… やばいここ… ほんとナメないほうがいい…」と、その怖さを忠告していた。

やしろ氏は、「そんな親が作ったお化け屋敷なんて怖いわけないだろ…?」とたかをくくっていたという。


関連記事:バーガーキング、即完確定の“食べ放題企画”がやばい 「カロリーお化け過ぎ…」

 

■ガチギレた母親が全力で…

お化け屋敷に入ったやしろ氏。そこで驚かすために出てきたのは母親だったが、お化けに扮していたわけではなく「オラァアアアアアアアアア」「待ちなコラァボケナスオラァアアーーーッ」とブチギレ状態で迫ってきたとのこと。

“お化けから脅かされる”のがお化け屋敷の王道パターンだが、想像の斜め上をいく恐怖のシチュエーションに「ああああああああ」と悲鳴を上げたそうだ。

「『自分の母親がガチでキレてるトーンで全力で追いかけてくるお化け屋敷』は最高に怖かったです」と振り返った。これには、読者からも「マジでそれはクソ怖い」「トラウマレベル」とのコメントが殺到。


関連記事:ニューヨーク屋敷、母から突然送られてきた動画に疑問 ファンから名推理も

 

■「一番怖い」「お化けの概念って…」

やしろ氏といえば自身の母親とのエピソードをたびたび漫画やSNSで公開しているが、「怒ってる親が一番怖い」「暗がりから激怒したお母さんが現れて追いかけて来るとか、今でも逃げ出す自信がある」との共感の声が集まった。

ほかにも、「確かに怖いがお化け関係ない」「怖いの意味が違うんよ(笑)」「方向性違う怖さ(笑)」「お化けの概念って… 何だっけ?」などとツッコミも寄せられている。

やしろあずきマンガ日記集 (全16巻)【Amazonでチェック】

次ページ
■“史上最強”に怖かったお化け屋敷
母親ツイッター漫画お化け屋敷漫画家やしろあずき
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング