マツコ、「若者の字が汚い問題」に驚愕 埼玉が例外の理由にも驚き 

「若者の字が汚くなっている問題」を特集した『月曜から夜ふかし』。その内容にマツコが…。

2023/05/09 01:05


マツコ・デラックス

8日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが「若者の字が汚くなっている問題」に驚きの声を上げた。


 


 

■若者の字が汚くなっている?

番組は「若者の字が汚くなっている問題」を特集。実際に街に出て若い人に文字を書いてもらうことに。紙に字を書く男性は「結構ガチでこういうの苦手」「自分の書いた字のきれいも汚いもわからない」と話す。

また、「書き文字は今は重要ではない」と抗議する人も。このような状況を番組は「字を書く習慣がないうえに、きれいに書こうという意識がそもそもない」とバッサリ斬った。


関連記事:マツコ、『月曜から夜ふかし』で”今年の漢字”を発表 「各局で私を…」

 

 

■マツコも驚き

若者女性が紙に字を書こうとすると、スタッフが「独特な持ち方をされていますね」とポツリ。別の若者も通常とは異なる持ち方をしており、ナレーションで「ペンの持ち方がめちゃくちゃ」とツッコミが入る。

さらに正規ではない書き順をする人も登場。マツコは「え、ひどい」と驚きの声を上げていた。


関連記事:マツコ、メイク男子の現状と女性の反応に驚き 「恋愛対象には…」

 

 

■埼玉の若者は上手

番組は「美意識も異なる」として、美しく書かれた文章を若者女性に見せる。すると「教科書に出てきそう」「今、求められてないよね。別に自分はなろうとは思わない」とバッサリ。

そんな「若者の字が汚い問題」だが、番組によると埼玉県の若者はきれいな人が多いとのこと。その理由は同県が硬筆という授業に力を入れているためで、大方の生徒が展覧会に向け練習するのだそう。

実際に埼玉で若者に字を書いてもらうと、かなり上手な文字となっていた。


関連記事:マツコ、IKKOから受けた驚きの相談を告白 「1番聞いても意味ない人に…」

 

 

■文字を書く機会が減少

パソコンやスマートフォンなどの普及で文字を書く機会が少なくなった昨今。デジタルネイティブ世代のなかには、苦手と感じている人もいるようだ。

Sirabee編集部が全国10〜60代の男女3,140名を対象に実施した調査では20代男性の25.9%が「直近1ヶ月で手書きの文字を書いていない」と回答した。

直近1ヶ月で手書きの文字を書いていない性年代別グラフ

今回の「若者の字が汚くなっている問題」は賛否両論。「たしかにそう思う」という意見もあったが、「上手い若者もたくさんいると思う」などの指摘も寄せられていた。

・合わせて読みたい→マツコ、IKKOから受けた驚きの相談を告白 「1番聞いても意味ない人に…」

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年12月11日~2020年12月18日
対象:全国10代~60代の男女3,140名 (有効回答数)

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

埼玉マツコ・デラックス日本テレビ月曜から夜ふかし美意識文字
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング