2児の母親がママ友と熱愛し夫もサポート 「一夫一妻」にこだわらない愛の形

恋愛関係にある相手に、別のパートナーがいることを認める「オープンリレーションシップ」。それを貫く夫婦は、妻が別のパートナーと失恋した時に、夫が慰めたそうだ。

2023/06/03 05:30

夫婦,既婚者,

信頼できる夫と2人の子供を授かり、子育てをしていた女性が、ある日子供の学校で出会ったママ友と恋に落ちた。夫と女性は、一夫一妻制にこだわらないオープンリレーションシップを築いており、新たな恋愛にも積極的だったという。『INSIDER』や『NEW YORK POST』などの海外メディアが取り上げている。



 

■他とは少し違う恋愛

ニュージランド出身で、現在ドイツのベルリンに在中のリーン・ハミルトンさんが、自身の恋愛模様をウェブメディアに寄稿した。リーンさんは結婚しており、2人の子供を育てている。

夫とはニュージーランドで大学生時代に出会い、その頃からお互いに「オープンリレーションシップ」を認めてきた。これは恋愛関係にある恋人同士であっても、互いに別のパートナーがいることを認める恋愛形態で、互いに合意を得て別のパートナーと関係を結ぶため、浮気とはみなされない。


関連記事:夫の元妻と娘に意地悪され傷つく女性へ助言 「あなたが我慢する必要なし」

 

■結婚式の日に別の人と…

オープンリレーションシップをとるリーンさんとその夫は、結婚式の日にそれそれが別のパートナーといちゃついたこともあったそうだ。オープンで刺激的な生活を送っていた2人だったが、子供が生まれてからはそれも変わってしまい、なんとなく疲れた毎日を過ごしていた。

そんな2人はある時、一念発起してドイツのベルリンに引っ越すことを決めた。そしてリーンさんは、子供が通うベルリンの学校で、新しいパートナーに出会ったのだという。


関連記事:「ママ友作りに異常なプレッシャー」 母になった女性の悩みに共感が続々

 

■ママ友と深い関係に

リーンさんと新しいパートナーは、いわゆるママ友だった。ある時じっと見つめられ、「あなたの瞳って本当に綺麗」と言われたリーンさんは、そのまま彼女に引き寄せられ、体の関係を持つようになったという。

日がたつにつれ、2人の関係は肉体的なもの以上に、精神的で深いものへと変化していった。夫に「彼女と付き合いたい」と相談したリーンさんだったが、快く受け入れてくれたそうだ。また相手女性も既婚者だったが、その夫も反対しなかった。


関連記事:出産直後の夫婦に義母がワガママな振る舞い 「かまってちゃんにもほどがある」の声

 

■夫からの手厚いサポート

リーンさんと女性の関係は急速に深まり、家族ぐるみで交流するまでにもなった。しかし2年間続いたオープンな関係も、ある時から2人はぶつかり合い、喧嘩をするようになり、結局破局した。

悲しみに暮れてベッドから起き上がれないでいたリーンさんを、夫は甲斐甲斐しく世話をし、チョコレートチップクッキーと赤ワインを届けて慰めてくれたという。そしてリーンさんと元カノはゆっくりと友情を回復し、今では仲の良い友達だそうだ。

リーンさんは、「寛容な夫のおかげで、さまざまな人生体験をし、自分らしくいられることに深く感謝している」と話した。

・合わせて読みたい→出産直後の夫婦に義母がワガママな振る舞い 「かまってちゃんにもほどがある」の声

(文/Sirabee 編集部・Sirabee編集部

夫婦・カップルのためのアサーション【Amazonでチェック】

浮気ママ友ドイツ話題赤ワインニュージーランドべるりん翻訳記事オープンリレーションシップ一夫一妻制
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング