巨人・大勢は「直球が少し落ちてきている」 江川卓氏が不安点を独自分析

江川卓氏が巨人・大勢投手の「去年との違い」や「不安な点」を分析した。

2023/06/07 00:00

大勢

野球解説者の江川卓氏が自身のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ」で、読売ジャイアンツの大勢投手について独自分析をした。

【動画】江川卓氏が大勢投手の現状を分析



 

■巨人の現状を分析

巨人の現状を質問された江川氏は「元々チームの作りそのものが、ホームランが出たら勝つというチームになっているので。それは原さんが悪いわけじゃなくて」と分析する。

そして将棋に例えて「持ち駒が大きなものを持っているんですよ。角と飛車とかね。やっぱり野球に勝つには香車があり桂馬があり、銀がありというほうがバランスよく戦えるんですよ」とコメント。

さらに「将棋と同じように、打順にあった駒がうまくハマっていくと試合に勝つ。ジャイアンツはすごく強いんですけど、1個の駒が大きい」「塁を進める駒がなくて、それがなかなかハマらない」と話した。


関連記事:坂本勇人が打撃不振に陥った理由は… 江川卓氏が独自分析

 

■大勢投手に言及

その後話題は巨人のストッパー・大勢投手に。江川氏は現状に「ストレートは、去年より少し落ちてきている感じがあります。疲労によっておきているものだと思われますね」と指摘する。

続けて「それとパターンがストレートとチェンジアップですから、 そこをバッターがもうどちらか絞って来るということになってきてるので。わりとタイミングもワンパターンですからね。ストレートとチェンジアップの2種類しかないんだというところで、ある程度絞ってきて、打たれているということがよくある」と分析した。


関連記事:「大谷翔平はそこが凄い」 江川卓氏が二刀流で「最も難しいこと」を解説

 

■三振が取れない

江川氏はさらに「だから去年まではボールの勢いでそれが空振りになっていたんですけど、最近はファールになり、なかなか三振がとれないってことが起きてきている」と指摘。

そして「それで自分でいいところに投げようとして引っかかったりというのも起きていますから。ご本人のなかでは、ちょっと不安だなと思ってるような感じに見えますけどね」と話した。


関連記事:大谷翔平の165キロも… 江川卓氏がスピードガンを「速く出す方法」を解説

 

■圧倒されている感じが…

話を聞いたスタッフも「たしかにタイミングが合って打たれるのをよく見る」と納得した様子。

すると江川氏は「見ますよね。去年までなかったじゃないですか。バッターが慣れたということもあるし、本人同じ152キロでも違う感覚があるのかもしれないですね」とコメント。

その後も「最近、スライダーも投げていますね。あまり空振りをしないので」「バッターが圧倒されている感じがしないですね。去年まで『もう無理よ』という感じでバッターボックスに入っていたけど、みんな普通に振ってきている」と分析していた。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■江川氏が大勢投手の現状を分析
疲労読売ジャイアンツ江川卓原辰徳投手大勢
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング