武井壮、日大アメフト部事件で“大学側の責任追及”を疑問視 「普通に処罰を…」

武井壮が日大アメフト部薬物事件の「学校側の責任」に否定的見解。

2023/08/08 05:30


武井壮

7日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、武井壮が日本大学アメリカンフットボール部員による違法薬物事件について持論を展開した。


 


 

■日本大学の対応に批判?

番組は日本大学アメリカンフットボール部の部員が違法薬物を所持していたとして逮捕された事件で、「大学側の対応に疑問の声が上がっている」と取り上げる。

大学が寮を捜索し違法薬物を発見したものの、警視庁に連絡したのは12日後だったとのこと。捜査関係者の話として、「覚醒剤を使用してから数日から10日経過すると、尿検査でも陽性反応がでない」と対応が遅れた問題点を指摘しているのだと紹介された。


関連記事:永山絢斗、道端ジェシカなど…芸能界に蔓延する薬物逮捕 「抜き打ち検査すべき」もやらない理由とは

 

 

■武井が持論を展開

武井は「こういうニュースがあるたびに学校が発表を渋るというのは、ニュースが出て評判が悪くなるとか、責任を誰が取るのかみたいなところをやっぱりできれば表沙汰にしたくないって思いだと思う」と指摘する。

そして「薬物ってなると、過激な感じに聞こえる。センセーショナルに聞こえるからイメージが悪くなることを危惧したり、役職についている人たちが責任を取らされたらどうしようみたいなこととかね、いろんなことが考えられると思うんですよ。これを渋る理由としては」と話した。


関連記事:武井壮、H3ロケット会見の“記者の言葉”に苦言 「そんな言い方…」

 

 

■学校側への責任追及を疑問視

さらに武井は「僕は今度過度に学校だったりとか、指導者だったりとかに責任追及する必要はないと思っていて」とコメント。

その理由については「ただの不法行為を学生がしたっていうだけの話で、それを普通に処罰すればいいわけで。学生の私生活だって寮とかがあるけれども、そこまでって完全に立ち入ることができるわけないじゃないじゃないですか。 しかもそれを指導者が知るよしなんてほぼないんですよ」と指摘した。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■起こした主体の処罰を訴え
違法薬物バラいろダンディ武井壮アメリカンフットボール林真理子日本大学
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング