猛暑でも食欲が増す「冷やし茶漬け」 火も出汁も使わないのに激ウマ

料理研究家・榎本美沙氏のオクラの冷やし茶漬け。とろとろネバネバで夏を乗り切る。

2023/08/15 11:00

オクラの冷やし茶漬け

猛暑が続く毎日、夏バテ気味という方も多いのではないだろうか。暑くて食欲がなくても、体に良い食事を摂りたいものだ。

そこで、旬の野菜や発酵食品を使った料理を多数紹介している人気料理研究家・榎本美沙氏のYouTubeチャンネル『榎本美沙の季節料理』に投稿されていた「オクラの冷やし茶漬け」を実際に作って試してみた。


画像をもっと見る

 

■夏に食べたい食材ばかり

オクラの冷やし茶漬け・材料


・ごはん(温かいもの) …2膳分

・オクラ… 5本

・きゅうり …1/2本(5mm角にカット)

・みょうが… 1個(刻んでおく)

・かつお節 …4g

・しょうゆ…大さじ2

・みりん…大さじ2

・梅干し…1〜2個


レシピは2人分。みりんのアルコールが気になる場合は電子レンジで煮切っておこう。


関連記事:速水もこみちの「最高にジューシーなから揚げ」が絶品 これはガチでハマる…

 

■水に漬けるだけでOK

オクラの冷やし茶漬け・オクラ

オクラは薄く小口切りにする。かつお節と一緒にボウルに入れ、水1カップを注いで10分置く。

オクラを水に漬けておくと、とろみが出るのだそうだ。そして、かつお節からも旨みが出るので、だしを取らなくてもしっかりとした風味になる。

オクラの冷やし茶漬け・10分後

10分後、とろとろの液体が完成。置いておくだけでこんなに変化するとは、魔法のようだ。

オクラの冷やし茶漬け・梅干し

しょうゆ、みりん、きゅうり、みょうがを加える。梅干しはちぎって入れ、全体を混ぜ合わせよう。

オクラの冷やし茶漬け・ごはん

ごはんは冷水で洗い、余分なネバネバを取る。サラッと仕上がるので、特に冷やし茶漬けの際は洗うのがポイントだそう。

オクラの冷やし茶漬け

ごはんの水気をしっかりと切り、お茶碗に入れて、盛り付ける。とろとろのオクラたちは、たっぷりかけよう。


関連記事:梅雨時に食べたい… ぐっち夫婦の「しっとり鶏むねの梅大葉ポン酢」が激ウマ

 

■いくらでも食べられるおいしさ

オクラの冷やし茶漬け・実食

さっぱりしていて、サラサラ食べられる。梅の酸味にオクラときゅうり、みょうがの食感が楽しく、すべてがぴったりなバランスだ。水に漬けただけなのに、丁寧に出汁を取ったような味わいになっていることが驚き。これは、おいし過ぎる…。

山芋やお刺身、お漬物などを入れても良いとのこと。アレンジを楽しめるのもうれしい。食欲がない時も、暑くて料理をするのが面倒な時も、いつでもあれが食べたい! と思う味わい。この夏のお助けメニューになりそうだ。


関連記事:出したら5分でなくなる… くまの限界食堂の「カリカリ茄子」がサクふわ食感で激ウマ

 

■オクラの冷やし茶漬け

・合わせて読みたい→出したら5分でなくなる… くまの限界食堂の「カリカリ茄子」がサクふわ食感で激ウマ

(取材・文/Sirabee 編集部・蔵永ゆうこ

ゆる発酵 みそ、甘酒、納豆、ヨーグルト。今すぐ始められる、毎日続けられる。【Amazonでチェック】

お茶漬け時短レシピ料理研究家簡単レシピ冷やし茶漬け榎本美沙榎本美沙の季節料理簡単料理
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング