『盆ギリ恋歌』がサザン・オールスターズ45周年にふさわしい理由とは 古きよき令和の夏

サザンオールスターズ45周年『盆ギリ恋歌』を、曲・詞・パフォーマンス・盆・祭り・性愛・日本文化の観点から考察。

2023/08/20 15:30


サザンオールスターズ・桑田佳祐

今年で45周年を迎える国民的バンドの『サザンオールスターズ』。 45周年を迎えるに相応しい新曲『盆ギリ恋歌』の凄さについて分析する。



 

■広瀬香美の解説

サザン45周年、新曲3ヶ月連続リリース企画第1弾『盆ギリ恋歌』。『盆ギリ恋歌』に関しては、広瀬香美が音声プラットフォーム『voicy』で熱い解説もしている。

広瀬の解説で最も注目すべきは、「Aメロがサビ」のようだという部分だろう。まさしく、タイトルの「盆ギリ」という歌詞を含むAメロが、最も頭に残るメロディとなっている。


関連記事:“盆休み突入”報告が続々と… 「電車ガラガラ」トレンドも「どの世界の話」

 

■テンションの高いサビ

同曲は一見、いつもの桑田佳祐のおふざけソングに思えるものの、実際はよく練られたクオリティの高い楽曲だ。

「サビのようなAメロ」の後にやってくる本物のサビは、さらにテンションを上げたサビ。桑田の楽曲は、桑田が歌わないと本来の楽曲にならず、意外と難しいと知られる。桑田の歌の上手さがよくわかるエピソード。

そんな桑田の楽曲の中でも同曲は、いつも以上に一段テンションの高い楽曲になっているようにも思われる。

あたかもこれは、「カラオケで歌うことや長年歌い続けることや喉への負担を考えない、昨今の男性アーティスト楽曲の傾向」を、ある程度は反映しているかのようだ。


関連記事:上地雄輔、アルプス席での自曲の演奏を期待 「野球の曲もあるんだケド…」

 

■亡霊たちのお祭り騒ぎ

同曲の最大の特徴は、やはり歌詞やMVやパフォーマンスが示す世界観にある。同曲の歌詞はかつての桑田と比べても、非常にまとまったストーリーがあるだろう。

MVの冒頭から印象的なように、サザンが黄泉の国から妖怪江ノ電的なものに乗ってやってくるような導入。ご先祖様が帰ってくる日本のお盆の風習において、亡霊たちがお祭り騒ぎをする世界観だ。

Best of サザンオールスターズ【Amazonでチェック】

次ページ
■妖しい世界観と王道ポップスの融合
NHK祭りお盆テレビ朝日Mステ盆踊りサザンオールスターズミュージックステーション桑田佳祐広瀬香美宮台真司社会学江ノ電voicyポップスNHK紅白サザン45盆ギリ恋歌ハレの日NHKMUSICSPECIAL
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング