ラミレス氏、DeNAの現役ドラフト候補2名を挙げる 「移籍すれば活躍できる」

DeNA前監督のラミレス氏が、「移籍すれば二桁は勝てる」「高い能力を示せる」とDeNAの現役ドラフト候補を紹介。

2023/08/24 01:50

アレックス・ラミレス

横浜DeNAベイスターズ前監督のアレックス・ラミレス氏が23日、巨人時代のチームメイトでもある解説者・高橋尚成氏のYouTubeチャンネルに登場。DeNAから現役ドラフト候補の選手2名を挙げた。

【動画】投打1人ずつをピックアップ



 

■「守備も良く足も速い」

対談動画第2弾の今回、スタッフからDeNAの現役ドラフト候補を聞かれたラミレス氏は「2人の名前を挙げられる」とズバリ。

1人目は自身の監督最終年にルーキーだった蝦名達夫選手で、「非常にいい才能を持っていて、守備も良く足も速い」「15~20本塁打くらい打つ能力がある」と攻守共に高い評価を下す。

また、「広島カープに移籍すれば活躍できるんじゃないかな」「かなり高い能力を示せると思う」「ジャイアンツにフィットするかも。右打者で代打要員にもなる」と、出場機会がありそうな移籍先も口にした。


関連記事:ラミレス氏、巨人投手陣不調の要因を分析 「キャッチャーにも責任が…」

 

■「阪神に移籍すれば二桁は勝てるかも」

続いてピッチャーから挙げたのは、自身の監督初年度に入団した京山将弥投手。こちらも「もし阪神に移籍すれば二桁は勝てるかも」と移籍先を挙げ、投手王国の阪神タイガースでもローテーションを担えるとした。

その後も、「年齢も若いし、球も速い。いいカットボールもあるし、投手としてのいい心構えも持っている」「ある程度経験もありスタミナもある」など、ラミレス氏は京山投手を高く評価。

放出するには惜しいとすら感じているのか、「ベイスターズは先発投手が豊富なので、もしかしたら彼をリリーフとして起用するかもしれない」と配置展開の可能性にも触れている。


関連記事:ラミレス氏、ベイスターズ不調の要因を独自分析 「バウアーが投げるときに…」

 

■移籍先で花開く現役ドラフト選手

「この2人が現役ドラフトだと面白いんじゃないかな」と、蝦名選手・京山投手を熱く語ったラミレス氏。

阪神・大竹耕太郎投手、中日・細川成也など、移籍先で花開く選手が続出している現役ドラフトだけに、かつての“教え子”が活躍することを願っているようだった。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■【動画】投打1人ずつをピックアップ
プロ野球YouTube読売ジャイアンツ横浜DeNAベイスターズアレックス・ラミレス京山将弥蝦名達夫高橋尚成
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング