リサイクルショップで500円で売られていた絵が有名作と判明 3000万円超えの価値か

なんの手がかりもないまま80年間も行方不明だった絵画が、リサイクルショップで売られていた。本物を見た専門家は胸を詰まらせたという。

2023/09/15 08:30

美術館・絵画

アメリカに住む女性が、今から6年前にリサイクルショップで4ドル(約580円)の絵画を購入した。ところが、ひょんなことからその絵が専門家の目に留まり、超有名なイラストレーターの行方知れずだった作品であることが判明したという。

『INSIDER』や『NEW YORK POST』などの海外メディアが報じている。



 

■580円で絵を購入

ある女性が、2017年にアメリカ・ニューハンプシャー州のリサイクルショップで美しい額縁を物色していたところ、ある1枚の絵画に目を留めた。

その絵は、若い女性と髪の白い女性がテーブルの前で向かい合って話をしているシーンを描いたもので、4ドル(約580円)で売られていた。女性はその絵と額縁が気に入り、購入して数年間は寝室に飾っていたそうだ。


関連記事:これ絵じゃないの? 京都でおさえた「リアル桃源郷」ショットがネットで話題に

 

■SNSで専門家が反応

しばらくして女性はその絵を壁から取り外し、クローゼットにしまい込んでいた。

ところが、今年の初めに掃除をしていたところその絵を再発見し、家の中で見つけたものを投稿し合うFacebookグループに、「これって本物?」とその絵の写真を掲載した。

そのグループに参加していた絵画修復家・美術史の教授であるローレン・ルイスさんは、女性の投稿を見て驚いた。その絵が、行方不明になっていた有名イラストレーターであるN.C.ワイエスの作品に酷似していたからだ。


関連記事:6歳息子が描いた「家族」の絵が不穏で… 両親が学校に呼ばれるも誤解が判明

 

■80年間行方不明の絵画と判明

ローレンさんはすぐさま女性に連絡をとり、車を3時間走らせて絵画を見に行った。初めてその絵に対峙した時、少し胸が詰まったという。

それは紛れもなく、N.C.ワイエスによって描かれた作品だった。保管場所はもちろん、サイズや質感といった手がかりも一切ないまま、80年間行方知れずになっていたのだ。


関連記事:「次、U字工事よ~」舞台袖に集まるおばちゃん達の姿… あの名画にそっくりと話題

 

■オークションに出品予定

N.C.ワイエスは、20世紀初頭のアメリカの代表的イラストレーターの1人であり、ロバート・ルイス・スティーヴンソン作の『宝島』などの有名小説の挿絵を描いた。

80年ぶりに発見されたこの絵は、9月中旬にオークションに出品されることになっており、落札価格は15万~25万ドル(約2,000万~3,600万円)に上ると予想されている。

・合わせて読みたい→「次、U字工事よ~」舞台袖に集まるおばちゃん達の姿… あの名画にそっくりと話題

(文/Sirabee 編集部・Sirabee編集部

ワイエス展【Amazonでチェック】

Facebookオークション絵画リサイクルショップイラストレーター小説翻訳記事宝島美術史絵画修復家N.C.ワイエス挿絵
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング