登山家・野口健が呼吸困難で即入院へ 「4度目の正直」叶わず弱音&悔しい思い

登山中に呼吸困難に陥り、即入院となった登山家・野口健氏。苦しい心境をつづるも「諦めないで頑張ってください」「生きていたらまた山に登れます」と励ましの声が。

2023/09/22 14:15

ヒマラヤ山脈・マナスル・ネパール・登山

登山家の野口健氏および野口健事務所が日本時間22日までにX(旧・ツイッター)を更新。登山中に呼吸困難になったことを報告した。

【ポスト】酸素濃度が53%まで低下、即入院に。



 

■呼吸困難、血中酸素濃度53%に

野口氏はネパールのマナスル(標高8,163メートル)登頂に挑戦中だったが、21日午後6時頃に野口健事務所が代理でXを更新。

「野口ですが、昨日、C2に行き、ベースキャンプに戻る途中に呼吸困難となり、血中酸素濃度53%になってしまいました。酸素吸入を行い、登山隊同行医師に診てもらいましたが、肺水腫かもしれないとのことで、ヘリにてカトマンズにおり、病院にて診察してもらっています」との報告がされた。


関連記事:川村エミコ、大人の社交場での“源氏名”を告白 「しゃれたママだ」称賛の声

 

■“4度目の正直”叶わず

それから約5時間後の午後11時頃、即入院となったという野口氏本人がXを更新。

レントゲン、血液検査の結果が出た際には、医師から「炎症反応が非常に高い、白血球の数値も。敗血症に近い状況。これから抗生剤を点滴する」との説明があったことを報告した。

登頂についてはこれまで3度断念していた野口氏。今回は「4度目の正直なるか!」と挑んだ矢先の不運だった。


関連記事:タモリ、『ブラタモリ』で昔住んでいた場所を訪問 「ここで夢見てました」

 

■悔しい思い

この日のために身体を仕上げ、気候にも恵まれていたが、「肺をやられ。あ〜マナスル。人と山にも相性があるのかもしれない。マナスルはもうやめにしよう」と悔しさを滲ませる野口氏。

21日の投稿では、「やっぱり、山は登るものではなく、下から眺めるものなのかもしれませんね…」ともつづっていた。


関連記事:成田凌、“日本で一番高い場所”で渾身の主演作PR 「日本一の番宣すげえ」

 

■「今は休息と考えて」「諦めないで」

この投稿にユーザーからは「とても心配です」「心から、心から、ご快癒を祈っています」「今はおつらいかと思いますが、今は休息と考えて治療に専念されてください」「『下から眺めるもの』って急に思ったのは、もしかしたら『今は安め』の合図だったのかもしれないですよ」などと心配や気遣うコメントが相次いだ。

また、「どうか弱気にならないでください」「諦めないで頑張ってください」「生きていたらまた山に登れます」などと、励ましの声も多数届けられている。

さよなら、野口健【Amazonでチェック】

次ページ
■「やっぱり、山は登るものではなく…」
X入院登山ネパール野口健呼吸困難マナスル血中酸素濃度
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング