ジャニーズ問題を機に”能年玲奈”復活へ前進すべき理由 SMAPが拓く新時代

混乱するジャニーズ会見から見いだせる過去と未来の物語。忖度・圧力問題の克服の難しさと解決の一手。

2023/10/15 10:55


ジャニーズ事務所

ジャニーズ事務所の問題はまだまだ混迷の中にあり、そんな中、主にSMAPの番組の放送作家であった鈴木おさむ氏が引退を発表した。SMAPに焦点を当てながら、ジャニーズ事務所の問題を改めて考察したい。


 


 

■ジャニーズの権力構造

ジャニーズ事務所の2度目の会見では、被害者の補償業務を行う会社と新エージェント会社を分ける方針などが語られた。しかし、記者の指名NGリストが発覚するなどして事態の収拾には至っていない。

この混乱はいずれ収拾するにしても、当初の課題は確実に1つは拡大しているようだ。元々は故ジャニー喜多川氏の性的虐待問題が焦点だったはずだが、少なくとも、ジャニーズと各局・メディアとの権力構造や圧力の問題にまで、論点は広がりつつある。


関連記事:SMAPにまつわる報道裏側 メリー喜多川氏「5時間の独演会」を元文春編集長が激白

 

 

■SMAPの解散

『サンデー・ジャポン』(TBS系)で爆笑問題の太田光も言及していたように、ジャニー氏が既に亡くなっている状態から焦点化された性的虐待問題が、最初から直接的目標を喪失していることが問題となる。

性的虐待問題が看過されたことと十分関連のある「ジャニーズの権力・圧力の問題」が焦点化されるのは1つの前進ではあるだろう。

ここにきて放送作家の引退を発表した鈴木氏が長年共にしてきたSMAPとも、この問題は大いに関連がある。つまるところ、ジャニーズの力の源泉はSMAPであり、現在のジャニーズ弱体化の大きな理由にSMAPの解散・メンバーの退所があるわけだ。


関連記事:茂木健一郎氏、「ジャニーズにだまされないで」 過去にはSMAP絶賛で「巨大ブーメラン」の声

 

 

■『新しい地図』

SMAP解散騒動によって、稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾はジャニーズ事務所を退所し、『新しい地図』として活動を始める。

しかし、以後あまりにもTVに出られない期間が続いたが、彼らはABEMAやSNSを巧みに駆使し、遂には公正取引委員会がジャニーズ事務所に注意処分をすることとなった。


関連記事:ジャニーズ、性加害問題で「紅白出場ゼロ」の可能性も… “辞めジャニ2組”には期待の声

 

 

■芸能界の権力構造

実際のところ、問題はどこにあったのだろうか。フェアなキャスティングが何かは難しい問題。だからこそ大手老舗事務所が内々で芸能界を支配しがちな面があるだろう。

ここで新たな芸能界へのルートとして、Web上で活躍するインフルエンサーたちの存在はやはり大きい。また、特定事務所の優遇かフェアなのかを判断する基準があるわけでもないだろう。

『性暴力被害の実際』【Amazonでチェック】

次ページ
■圧力・忖度構造と打ち克つ力
ジャニーズSMAPTBS井ノ原快彦ジャニー喜多川能年玲奈香取慎吾のん稲垣吾郎爆笑問題太田光NGT48鈴木おさむ草彅剛サンデー・ジャポンレプロエンタテインメントサンジャポ新しい地図公正取引委員会Abema井ノ原くん吾郎さん
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング