堀江貴文氏、無添加マフィン食中毒騒動に憤り 「何のために保存料があるんだ」

デザインフェスタで発生した無添加マフィンの食中毒騒動。堀江貴文氏が人の役に立つ食品添加物の重要性を訴え、注目が集まっている。

2023/11/15 16:15

堀江貴文

実業家の「ホリエモン」こと堀江貴文氏が15日、自身の公式YouTubeチャンネル『堀江貴文 ホリエモン』を更新。アートイベント『デザインフェスタvol.58』で発生した食中毒騒動に憤りを露わにした。

【動画】無添加マフィンの食中毒騒動に憤り



 

■無添加マフィンで食中毒

今月11日から12日にかけて、アートイベント『デザインフェスタvol.58』が東京ビッグサイトで開催。同イベントに出店していた無添加をうたう焼き菓子店『Honey×Honey xoxo』のマフィンを購入した人から、納豆のような悪臭や粘り気、体調不良を訴える声がSNSで上がった。

この投稿は瞬く間に拡散され、マフィンを販売した店舗は公式インスタグラムで謝罪。保健所に連絡し、営業停止措置を取っている。


関連記事:『デザフェス』マフィン食中毒、店の“謝罪文”にネット震撼 「ツッコミどころしかない」「まだ毒作り出す気満々…」

 

■「何のために保存料が…」

そして15日、堀江氏は「オーガニック思考、ナチュール(ナチュラル)思考行くところまで行っちゃったね。これまで人類が積み上げてきた知見、知識がヤバいやつらに台無しにされてるっていうのが怒りを覚える。何のために保存料があるんだ」と憤りを露わにし、その重要性を訴えた。

続けて「食品添加物に対しての怖がり方が半端ない。昭和30年代や20年代なら別だけど、ヤバい食品添加物と人間の役に立つ食品添加物の選別ってだいたい終わってるんだよね」とコメント。

最後に「子供がこのマフィン食って食中毒になったら、下手したら死ぬよ」と苦言を呈している。


関連記事:堀江貴文氏、“不安”考える高校生へアドバイス 「想像するな未来のことを!」

 

■ファンは「本末転倒」

堀江氏の投稿を見たファンからは、「これは本末転倒ですね。添加物は上手く使って欲しいです」「行き過ぎはいかんよね」「無添加が良いって思ってたけど、今回のマフィンの件で考え直させられました」と反響の声が寄せられている。

堀江貴文『堀江貴文のChatGPT大全』【Amazonでチェック】

次ページ
■「子供が食中毒になったら…」
YouTube堀江貴文無添加ホリエモン食中毒マフィン東京ビッグサイトデザインフェスタ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング