古田敦也氏、「ランナーに出ると嫌だった選手」を告白 達川光男氏はレジェンドを絶賛

古田敦也氏が現役時代、1塁ランナーに出ると嫌だった選手を告白。達川光男氏は世界の盗塁王を挙げて…。

2023/12/02 02:20

古田敦也

元東京ヤクルトスワローズ監督の古田敦也氏が自身のYouTubeチャンネルで「ランナーに出ると嫌だった選手」を語った。

【動画】捕手4人が嫌だったランナーを語る



 

■ランナーに出ると嫌だった選手は?

前回に引き続き「キャッチャーサミット」と題し、古田氏と元読売ジャイアンツ・村田真一氏、元日本ハムファイターズの野口寿浩氏、元広島東洋カープの達川光男氏がトークをする。

話題は「ランナーに出られると嫌だった選手」に。古田氏は「僕は1番誰と言われたら、やっぱり赤星が嫌だった」と元阪神の赤星憲広氏を挙げる。

理由については「自分が晩年だったんで、頼むよと言って。最初の2、3歩が速かった」と説明。野口氏も「速かったです」と同調した。


関連記事:二階堂ふみ、『翔んで埼玉』の裏で囁かれる評判 「イメージと違う」性格に周囲も仰天

 

■村田氏は「広島全員」

村田氏は「広島が嫌だった。もうガルベスとやると全員走ってくるのよ、クセがあったと思うけど。江藤まで走ってきて、『ええかげんにせいよ』って。ガルベスでピッチャー以外全員」と笑う。

達川氏がバルビーノ・ガルベス氏が試合中、審判にボールを投げつけた件を指摘すると「普段は良いやつなんですよ。試合中だけちょっとね、カッカするタイプですけどね」とガルベス氏をフォローした。


関連記事:都内河川敷で発見された凶器、卑劣すぎる正体に目を疑う… 環境局は「許可してない」

 

■野口氏はダイエーの…

パシフィック・リーグ所属経験のある野口氏は、元福岡ダイエーホークスとMLB複数球団、千葉ロッテマリーンズに所属した井口資仁氏を挙げて「勝負にならなかった」「井口は投げる前に走るんです、クセで。島田誠さんと2人でずっとやっていたらしいですよ」と指摘する。

そして「ピッチャーが足を上げる前に走られてしまうから、勝負にならないんです」と語っていた。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■達川氏は世界の盗塁王
赤星憲広達川光男福本豊古田敦也村田真一バルビーノ・ガルベス野口寿浩
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング