日本一矛盾した信号機、どう運転すれば良いのか… 県警の明かす「誕生秘話」に思わず納得

「青信号と同じ」状態にも関わらず、周りくどい表示をしている信号機。所轄の警察署に、ことの経緯を尋ねてみると…。

2023/12/04 04:45

この世には「対になった概念」が多数存在し、その多くは両立が難しく、ときには不可能であるケースも珍しくない。たとえば「右を向きながら左を向く」といった具合にだ。

以前X(旧・ツイッター)上では、「全方向に進める赤信号」が話題となっていたのをご存知だろうか。

【関連記事】一見普通の案内標識、意味が分かるとゾッとした… 「絶望の75km」にドライバー戦慄



 

■実質「青信号」の赤信号

今回まず注目したいのは、魅力的な動画をアップしたりと、海洋生物に関する活動に取り組んでいるXユーザー・でんかさんが投稿したポスト。

「逆に何したらダメなの」と意味深な1文の綴られた投稿には、信号機が写った写真が添えられている。一見すると単なる赤信号なのだが、よく見ると…。

信号

なんと、青色で灯火された矢印が「左」「前方」「右」の3方向を示していたのだった。


関連記事:はじめしゃちょー、タクシー内で感じた“命の危機” 「明確な死というか…」

 

■「赤信号の意味」に混乱する人続出

車両は対面する信号が赤色を表示していても、青色の矢印が示す方向には進行できる。

しかしその場合も「左折か直進のみ」や「右折のみ」といった具合に、進行方向は限定されるもの。今回のように「3方向(全方向)に進める」のであれば、そもそも青信号を表示すれば良いのでは…と、多くの人が疑問に感じたことだろう。

実際こちらのポストは、投稿から数日で1万件以上ものリポストを記録するほど大きな話題に。他のXユーザーからは「どこに向かう人に対しての赤信号なのか…?」「何なんだこれは」「バック禁止ってこと?」など、戸惑いの声が多数寄せられていた。

そこで今回は、件の信号の正体を探るべく、ポスト投稿主・でんかさん、ならびに信号を管理する「三重県警察」に詳しい話を聞いてみることに。その結果、信号の「意外な過去」が明らかになったのだ…。

ところでヤドカリって美しいですよね【Amazon】

次ページ
■県警は「交差点に理由がある」
X交通運転ツイッター話題三重県道路信号機
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング