くら寿司、特製ガリが「大根ガリ」に変更 新形態の食感に衝撃走る…

くら寿司のガリが大根になったことが話題を呼んでいる。「大根ガリ」を食べてみると、独特の食感に驚いて…。

2023/12/06 11:00

大根ガリ

生姜のピリッとした辛さと程よい甘酸っぱさが食欲を刺激する──。寿司を食べる際、ガリは欠かせない存在だ。

現在、くら寿司では「新形態」のガリを提供していて…。

【合わせて読みたい】「スシローペロペロ事件」でも起きたネットリンチは罪になる? 意外な事実に驚き


画像をもっと見る

 

■大根を使ったガリが爆誕

12月1日から、くら寿司の「特製ガリ」が変更された。寿司店のガリといえば、ピリッと舌を刺激する生姜を使ったガリが一般的。だが、今回新たに導入されたガリは、何と大根を酢漬けにしたものを使用している。

店内の座席やお持ち帰りのガリはすべて「大根ガリ」に。これまでの「特製ガリ」は、タッチパネル式のモニターから注文可能で、1皿110円になる。


関連記事:はま寿司、“回るタッチパネル”が最強すぎる… 「天才の発想」ネット上で絶賛の声

 

■ネットでは歓迎する声も

ガリが生姜から大根へ変貌を遂げたことは、ネット上でも話題に。「昨日くら寿司行ったらガリ大根になってて衝撃」「大根の酢漬けって沢庵ってこと?」「生姜味の薄切り大根に変わってた」など、驚きの声が続出。

また、「案外美味くて代替品としては良い感じ」「普段ガリ食べないけど、大根大好きだから食べたい」「パリパリの食感にハマった」といった、「新形態」のガリを歓迎する声も見受けられる。

果たして、「大根ガリ」はどんな味なのか。実際に食べてみることにした。


関連記事:1歳を誕生日迎える娘に作った「特製寿司」 ネタの中身に絶賛の声が続出

 

■「大根ガリ」食べてみると…

くら寿司

見た目は白色で、正直言われなければ大根と分からないレベル。薄くスライスされた「大根ガリ」を食べてみると、ピリッとした辛さが舌を刺激する。生姜で味付けされているのだろうか。

大根ガリ

大根の風味は感じず、ガリ独特の辛さと甘酸っぱさは健在だ。通常のガリに比べると、コリコリした食感が心地良い。ちなみに、ネットで指摘されている沢庵とは全く別物。

大根ガリ

「大根ガリ」の美味しさが分かったところで、「特製ガリ」も注文し、食べ比べてみる。写真左が「大根ガリ」、右が「特製ガリ」だが、おそらく見た目だけで当てられる人はいないのでは…。

大根ガリ

味もほとんど変わらず、個人的には「大根ガリ」のほうが食感がクセになると感じた。もちろん、寿司との相性も抜群。

くら寿司の「新形態」のガリ、ハマる人が続出するかも。


関連記事:和田アキ子、米倉涼子と約10年ぶりに再会 「ヨネはいつも頑張っててすごい」

 

■執筆者プロフィール

斎藤聡人:1991年生まれ。『Sirabee』編集部記者。

某週刊誌の芸能記者を経て現職に。ジャニーズネタなど、芸能ニュースを中心に様々なジャンルを取材する。

チェーン店からローカル店まで様々な飲食店をめぐり、グルメ記事も手がける。仕事も兼ねた毎日のドラマ鑑賞が日課。

今期の推しは、『コタツがない家』(日本テレビ系)、『いちばんすきな花』(フジテレビ系)、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)。

・合わせて読みたい→和田アキ子、米倉涼子と約10年ぶりに再会 「ヨネはいつも頑張っててすごい」

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

寿司を食べる時に…【Amazon】

寿司回転寿司くら寿司大根ガリ紅生姜
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング