『ブギウギ』趣里・スズ子が歌唱した独特な歌詞が話題 「伏字のまま歌うとは思わなかった」驚きの声

7日放送の朝ドラ『ブギウギ』で、主人公・スズ子が歌った「大空の弟」が大反響。その歌詞と共に、趣里の圧巻の演技も話題となっている。

2023/12/07 12:15

趣里

7日放送のNHK連続テレビ小説『ブギウギ』にて、女優・趣里演じる主人公・スズ子が、戦死した弟への思いを込めた「大空の弟」を歌唱。伏字だらけという異例の歌詞を歌い上げたシーンが、X(旧・ツイッター)でも反響を呼んでいる。



 

■戦死した弟を思い歌い上げる

弟・六郎の戦死の知らせを受け、歌をうまく歌うことができなくなったスズ子だったが、作曲家・羽鳥(草彅剛)による「大空の弟」を音楽会で歌うことに。

スズ子は「どこにどうしているのやら いつも○○ ○部隊 ○○方面 ○○隊 ○○○ばかりなり ○○○ではわからない」と歌い上げ、ステージに崩れ落ちるようにして泣いた。

ドラマ公式Xでは、「『大空の弟』は当時の歌唱音源や映像が残っていません。そのため、幻の曲と言われていました。現存するのは楽譜のみ。それも見つかったのは2019年のことでした。今回はできるだけ楽譜に忠実に再現してみました」と解説した。


関連記事:蒼井優、趣里主演の朝ドラ『ブギウギ』出演 劇団の娘役に「夢のような時間」

 

■実際の歌詞も伏字

この「大空の弟」は、羽鳥のモデルとなった作曲家・服部良一さんが作詞・作曲を手がけた実在の曲で、スズ子のモデルである笠置シヅ子さんが、戦死した愛弟への思いを込めて歌った。

長く曲名だけが伝わっていたが、2019年に服部家の所蔵庫で楽譜が見つかった。不明な部分も多く、カタカナで記された実際の歌詞も「マルマルキチニテ」と伏字となっている。

NHKアーカイブスの公式Xによると、当時は部隊名や派遣先などは軍事上の秘密に当たるとして、ニュース報道でも「○○基地」と伏せて伝えられていたという。


関連記事:草彅剛、NHKドラマ『ブギウギ』の仕上がりに自信 「どんどん感想待ってます」

 

■「伏字のまま歌うとは」驚きの声

伏字ばかりの歌詞がそのまま歌われたことから、Xでも「大空の弟」など関連ワードがトレンド入り。

視聴者からは、「『大空の弟』に伏字があるとは聞いていたが、伏字のまま歌うとは思わなかった。なるほど、伏字であることが時局だし、伏字だから共有されるのだ」「〇〇〇と伏字で歌い上げる意味よ…」「この時代に、この歌詞に伏字を揶揄してる、服部良一すごいな。だからこそ、世に出てなかったのかもしれない」「一見、戦意高揚の軍事歌謡でありながら、笠置シヅ子の、福来スズ子の『悲しみ』がストレートに伝わってくる」と驚きの声が寄せられた。


関連記事:博多大吉の“ひと言”で『ブギウギ』橘アオイ役・翼和希がテレビの前で大号泣 「なんてことを…」

 

■服部さんの孫も「魂で歌ってくれた」

また、曲を見事に歌い上げた趣里の演技に、「あれだけ涙を流しながらもしっかり歌ってた」「久しぶりに朝ドラ見てボロ泣き」「圧巻の回! 号泣しました」「ブギウギで大泣き。趣里さん素晴らしい演技力」「この幻の曲を歌い上げるための趣里さん! って思った!」と感動する人が続出。

服部さんの孫・服部朋子氏も「これはもう、魂で歌ってくれた趣里ちゃんとスタッフのみなさんに感謝」とつづっている。

・合わせて読みたい→博多大吉の“ひと言”で『ブギウギ』橘アオイ役・翼和希がテレビの前で大号泣 「なんてことを…」

(文/Sirabee 編集部・しばたけろこ

『連続テレビ小説 ブギウギ Part1 NHKドラマ・ガイド』【Amazonでチェック】

Xツイッター草彅剛伏字NHK連続テレビ小説趣里トレンド入り服部良一ブギウギ笠置シヅ子大空の弟
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング