佐々木朗希のメジャー移籍は「まだ早い」 デーブ大久保氏がロッテ残留を提言

一部で報じられた佐々木朗希の今オフのメジャー移籍。デーブ大久保氏はロッテ残留を勧める。

2023/12/11 01:50

佐々木朗希

元読売ジャイアンツ選手のデーブ大久保(大久保博元)氏が自身のYouTubeチャンネルで、一部で報じられた千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手のメジャーリーグ(MLB)移籍について語った。

【動画】デーブ大久保氏、佐々木朗希投手のMLB移籍を語る



 

■佐々木投手がMLB移籍を希望?

一部で「佐々木投手が今シーズンオフ、ポスティングシステムを利用してメジャーリーグ移籍を希望している」と報じられた話題を取り上げた今回の動画。

大久保氏は報道について「火のない所に煙は立たない。球団と会話があったんで、僕たちにもこうニュースが届くんですけれども、球団とそういう話をきっちりしていたんだろうなと思う」と解説した。


関連記事:ビートたけし、完全試合達成の佐々木朗希投手を絶賛 「大谷の投球以上」

 

■「移籍はまだ早い」

佐々木投手のMLB移籍を「まだまだ早い」と話す大久保氏は「日本ハムの上沢直之投手をなぜ代理人がプッシュするかというと、イニングイーターという言葉があって、イニングをたくさん投げている投手の評価がメジャーでは高いんですね」と説明。

続けて日本とアメリカで先発投手のローテーション間隔などの起用法や環境が違うことを指摘し、「イニングイーターが評価されるということで言わせてもらうと、佐々木朗希の移籍はまだ早いですよと言い切れる」と断言。その理由に同投手の投げているイニング数が少ないことを挙げた。


関連記事:松井裕樹がMLBで活躍するために重要なことは…江川卓氏が独自解説

 

■ロッテ残留を勧める

大久保氏はさらに「アメリカは上がり(先発投手がベンチを外れること)がない。投手を酷使していかなければいけないリーグに行くと、先発がいかに長いイニングを投げてくれるということが評価になるんですね」と話す。

そして「今年は91イニングですか。途中で左脇腹を痛めて48日にぶりに1軍で投げるという。まだまだ怪我もしますし。来年5年目ですかね、あと2年やって『150イニング来年から投げますよ』となったときには、大谷翔平や山本由伸なみの評価を必ずされる」とロッテ残留を勧めた。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■もう少し筋肉を…
野球デーブ大久保メジャーリーグ千葉ロッテマリーンズ佐々木朗希ポスティングシステム
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング