古坂大魔王、かつて広がったまさかの“デマ” 真剣に確認され…「怖いな」

約30年前に経験したという自身に関する“デマ”を明かした古坂大魔王。ネット動画で一世を風靡した古坂の言葉に「重みがある」「いいこと言った」との声も。

2023/12/18 13:40


古坂大魔王

きょう18日放送の『あさイチ』(NHK)にお笑いタレントの古坂大魔王が出演。かつて広まったというデマを明かした。


 


 

■“ネットの言説”について特集

新型コロナウイルス拡大初期の「トイレットペーパーが製造できなくなる」という情報や、昨年起こった福島県沖を震源とする地震での「人工地震説」など、いま世間では誤った“真偽不明の情報”が増えている。

そこでこの日の番組では「ネットの言説」について特集。家族など人との関係に影響が出た場合についてなどが取り上げられた。


関連記事:草彅剛、『ブギウギ』で見せた“猟奇的”な才能 現場での行動に関係者も驚き…

 

 

■広がったまさかのデマ

ゲストとして出演した古坂はこういった言説に関する経験を尋ねられ、「30年くらい前にですね、僕もまだホームページとかまだやっているときとかに、なぜかあの…僕は3人組だったんですけど、19歳で『元ダチョウ倶楽部だ』という話が広がりまして…」と告白。

「僕19なんで、ダチョウ倶楽部さんって考えたら僕ね、8歳くらいで入ってるんですよ」と明らかにおかしい点があるにも関わらず「仲間内のボキャブラ芸人(フジテレビ系の平成人気バラエティー番組『ボキャブラ天国』で頭角を現した芸人)とかに『本当なの?』って…」と確認されたという。


関連記事:板前歴20年のプロが教える「市販の焼そばが100倍おいしくなる食べ方」 これはハマる

 

 

■「先輩じゃん」と言われ…

「またね、底抜けAIR−LINE(古坂がメンバーだったトリオ名)とダチョウ倶楽部の間違いとかはまだ笑って…ねえ、終われるけど…」という博多大吉の言葉に、「でも『いたの?』って、『先輩じゃん』って言われて…」と古坂。

「真剣に言われるときに怖いな、と」といい、SNSがなかった当時に比べ「ネットは強くなりましたけどね」と語った。


関連記事:トイレで発見した謎のドアノブ、使いづらいと思いきや… 「天才の発明」と称賛の嵐

 

 

■古坂の発言に「重みがある」の声

シンガーソングライター「ピコ太郎」としても活動し、かつて「PPAP」が一世を風靡した経歴を持つ古坂。

「僕1人が100個の動画を上げれば、100個の動画で言っているということになるじゃないですか」と、SNSが普及し発言力を持った現在では安易に話題を作れてしまうことを指摘。

他にも、テレビでは意見の多様性を考慮して発言しており尖った意見を言わないがために『だからテレビって嘘なんだよ』となる。しかしネットだと思い込みも関係なく言えてしまいすごく刺激的で、それが格好いいとなってしまう、といったネットで真偽不明の情報が流れやすい理由を解説した。

これにX(旧・ツイッター)では「さすが古坂大魔王、複数人のふりして動画あげられます、って。そういうの想像できないと危ないよね」「あれだけネットでバズった古坂大魔王の言葉だからこそ重みがあるな」「古坂大魔王いいこと言ったというか、そういうことよ」との声が上がっている。

・合わせて読みたい→トイレで発見した謎のドアノブ、使いづらいと思いきや… 「天才の発明」と称賛の嵐

(文/Sirabee 編集部・今井のか

古坂大魔王『ピコ太郎のつくりかた』【Amazonでチェック】

SNSNHKあさイチダチョウ倶楽部ピコ太郎古坂大魔王新型コロナウイルスボキャブラ天国言説底抜けAIR−LINE
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ