イタリアでラーメン二郎を再現した猛者、完成度の高さに目を疑う… 調理の舞台裏が最高

イタリアでラーメン二郎を再現した猛者が現れた…。「完成度高すぎ」ネットで称賛の声が寄せられている。

2023/12/22 04:15


ゴワゴワの太い麺、味が染みた豚、鼻孔を刺激するニンニク、山のように盛られたヤサイ、その上を埋め尽くすアブラ──。人間のありとあらゆる感覚を刺激するラーメン二郎は、根強い人気を誇る。

現在、X(旧:ツイッター)では、イタリア留学中に二郎ラーメンを手作りした猛者が注目を集めていて…。

【合わせて読みたい】ラーメン二郎「総帥」の密着番組にジロリアン歓喜 放送後に起きた”変化”


画像をもっと見る

 


 

■イタリアで二郎ラーメンを手作り

ことの発端は、12月初旬に投稿されたXユーザー・マサキさんのポスト。「『イタリアのスーパーで手に入る材料で二郎ラーメンを作る』やっていきたいと思います!!!」と題した投稿には、スーパーで買った大量の豚肉の写真が添えられている。

マサキさんはイタリア留学中で、現地の食材を使って二郎ラーメンを再現することにしたのだ。その後、スープ、かえし、麺、豚など、二郎ラーメンに必要な食材をすべて手作りで調理する様子をアップ。

ラーメン二郎

ラーメン二郎

ラーメン二郎

ラーメン二郎最終的に、鍋いっぱいに盛られたラーメンは写真だけで「これは間違いない」と確信する完璧なビジュアル。

ラーメン二郎


関連記事:ファミマの二郎系ラーメンが激ウマ… ガチ勢の記者を唸らせた「仕掛け」

 

 

■ネット上でも称賛の声

「イタリア産」二郎ラーメンは、全ジロリアンのハートを鷲掴みにしたようだ。ネット上では、「異国の地で試行錯誤しながらのコテコテのラーメン作り。こういうの大好き」「めちゃくちゃ手間がかかってる」「完成度高すぎだろ」「麺も手打ちはすごすぎ」など、絶賛する声があがっている。

余談だが、記者は20代前半の頃は週1でラーメン二郎に通っていたジロリアン。二郎の魅力に取りつかれて食べ続けるうちに、体重は20キロ増え、お腹周りが“マシマシ”になった。過去にあの味を自宅でも食べたいと思い、スープと豚を作ったが、これだけでも6時間近くかかった。

それだけに、今回の調理模様が気になるところ。イタリアでの二郎ラーメン作りについてマサキさんに取材したところ、熱い舞台裏が明らかになったのだ…。


関連記事:ラーメン二郎池袋店のまぜそばが進化していた ”イタリアン”なウマさに衝撃走る…

 

 

■特徴的な麺作りには苦労が…

なぜ、イタリアで二郎ラーメンを作ろうと思ったのか。マサキさんは、「一度は手作り二郎を経験しておきたい欲、ラーメン食べたい欲、1日中空いてる時間と体力、試食してくれる友達がちょうど揃った奇跡的な日が訪れたので、朝起きてすぐ仕込みをはじめました」と説明する。

調理には何と11時間かかったとのこと。二郎ラーメン作りには時間、体力、気力が求められるのだ…。

近所のスーパーの肉コーナーには豚のスネ肉などのガラがあり、食材の調達にはそこまで苦労しなかったそう。ただ、二郎特有の太麺を作るのは大変だったようで、マサキさんからは「ラーメン二郎の大きな特徴でもある低加水率の麺を作るのに苦労しました。小麦粉に対して水分含有量が少ないと生地がまとまりにくいため、4人で代わる代わるこねて、うどんのように足踏みを行うなど試行錯誤の連続でした」という回答が寄せられている。

ラーメン二郎

ラーメン二郎

ラーメン二郎

それでも諦めず、もちもちしたコシのある麺に仕上がったようだ。


関連記事:「二度と頼みたくない」酷評の二郎系をウーバーイーツで注文 ジロリアンの感想は…

 

 

■二郎ラーメンを食べたイタリア人の反応

麺、スープ、豚、ヤサイ、アブラと、一つ一つ丹精込めて作り上げたことが窺える。完成した品を盛り付ける器を入手するのも簡単ではなかったそう。

マサキさんは、「ラーメンを盛り付けるための深い皿を探すのが最も苦労したかもしれません。結局見つからず、ボウルで代用している人もいました」と振り返る。イタリアでは、あまり底の深い皿は使わないのだろうか…。

ラーメン二郎

出来上がったラーメンは留学先の友人にも食べてもらったという。果たして、二郎ラーメンはイタリア人の口に合ったのか。

ラーメン二郎

ラーメン二郎

こちらの質問をぶつけたところ、マサキさんから「『これを飲み干して死ぬなら本望だ』と大絶賛していました。固めに茹でた麺の食感やニンニクと豚が複雑に絡み合ったスープが、南北出身問わず好評でした。豚も、醤油味が分かりやすい美味しさだと気に入ったようで嬉しいです」というコメントが得られたのが印象的だった。

あの中毒性のある味は、国境を越えても人々を虜にするようだ。これからも、マサキさんの二郎ラーメンに対する情熱は“マシマシ”であり続けるに違いない。


関連記事:駐日ジョージア大使がラーメン二郎に“表敬訪問” 「味わいにびっくり」

■執筆者プロフィール

斎藤聡人:1991年生まれ。『Sirabee』編集部記者。

某週刊誌の芸能記者を経て現職に。旧ジャニーズネタなど、芸能ニュースを中心に様々なジャンルを取材する。

チェーン店からローカル店まで様々な飲食店をめぐり、グルメ記事も手がける。仕事も兼ねた毎日のドラマ鑑賞が日課。

今期の推しは、『コタツがない家』(日本テレビ系)、『いちばんすきな花』(フジテレビ系)、『ゼイチョー~「払えない」にはワケがある~』(日本テレビ系)。

・合わせて読みたい→「二度と頼みたくない」酷評の二郎系をウーバーイーツで注文 ジロリアンの感想は…

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

「ニンニク入れますか?」【Amazon】

Xラーメンラーメン二郎イタリア二郎ラーメン
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング