だれウマ氏の「ヤバい大根漬け」がポリポリして美味しすぎ 野菜だけで米があっという間に消える…

だれウマ氏の「ヤバい大根漬け」は、定番調味料でただ漬けるだけ。ぜひごはんと一緒に食べてほしい。

2024/04/03 09:30

冬が旬の大根は、生でも煮ても美味しい野菜。筋トレと料理が大好きな料理研究家・だれウマ氏が紹介し、超簡単でごはんのおかずになると太鼓判を押すポリポリで「ヤバい大根漬け」が気になったので、編集部でも作ってみた。


画像をもっと見る

 

■手頃な調味料を使う

大根漬け

材料はこちら。

大根:450g~500g
塩昆布:10g
鷹の爪:1個
しょうゆ:大さじ5
砂糖:大さじ4
お酢:大さじ2

大根450g~500gは約13〜15cm。今回、塩もみをしないで作るため、なるべく上の部分を使うようにしよう。大根の下のほうを使うと、辛味が残ってしまう。


関連記事:大根が超ウマくなる“意外な調理法”を試したら お酒が進みすぎて困ったことに…

 

■切ったら漬け込むだけ

大根漬け

大根は半分に切って皮をむいたら、5〜8mm程度の棒状に切っていく。

大根漬け

タッパーなどの保存容器に大根を入れたら、塩昆布、しょうゆ、砂糖、お酢を加える。鷹の爪はハサミでカットして入れよう。辛いのが苦手な場合は入れなくてもOK。

全体をよく混ぜ、冷蔵庫で半日ほど寝かせれば出来上がりだ。

大根漬け

8時間ほど経った状態がこちら。最初は少しつけダレが少ないのでは…と思ったが、大根から水分が出るので程よい感じに。今回は深さのあるタッパーを使ったので、よく漬かっている下のほうから取り出して食べてみた。


関連記事:ばくばくっく氏の柔らかくてジューシー「大根ステーキ」 野菜なのにごはんが進みすぎる1品

 

■ごはんが進みまくり…

大根漬け

しっかり漬かっているが、大根のポリポリした食感も残っていて歯応えがいい。大根の中まで塩昆布の旨みが凝縮されて、程よい甘塩っぱさと酸味が一度食べたら止まらなくなる美味しさ。

大根だけだがごはんとの相性が抜群にいいので、これだけでごはんを何杯もおかわりできる。もちろん、おつまみにも最高だ。

「ごはんがマジ止まらん」とだれウマ氏も絶賛。タレに漬けて冷蔵庫で寝かせておくだけで、これだけ大根に味がしみるなんて。これは何度もリピートしたい。


関連記事:コウケンテツ氏の「ふろふき大根」 下茹で不要なのに驚きの美味しさ…

 

■執筆者プロフィール

池田かおるこ:グルメ、レビュー記事をメインに執筆しているライター。

日々の晩酌をいかに美味しく楽しむかは、もはやライフワークに。簡単でコスパ良し、激ウマなお酒に合うレシピを探して実践中。「特別な材料や凝った調理法はなし。でも美味しい」と思えるレシピを中心に紹介します。

・合わせて読みたい→コウケンテツ氏の「ふろふき大根」 下茹で不要なのに驚きの美味しさ…

(取材・文/Sirabee 編集部・池田かおるこ

宇宙一ずぼら150円めし【Amazon】

レシピYouTube漬物大根塩昆布漬け物ごはんのおかず
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング