イオンの新商品「アヒージョヌードル」 激ウマで地中海旅行気分

グルメ

2016/09/09 07:00

今ではすっかり身近な存在となった「プライベートブランド(以下PB)」。コンビニ大手三社のものが有名だが、それらと比べても遜色ない人気を誇るのがイオンの「トップバリュ」シリーズだろう。

数多くの商品を出している同ラインだが、一昨日7日に色んな意味で驚きの商品が発売されたので紹介したい。「アヒージョヌードル」「ポトフヌードル」だ。

sirabee160908ion00

これらは「ワールドダイニング」から発売された21品目の「ヨーロッパシリーズ」の一部。

メインのターゲット層は「ヨーロッパ旅行の体験があり、上質な食にこだわる50〜60代の母世代の女性」とのことである。

今までに一度も日本を出た経験がない、安飯ばかり食べている20代オスの記者とはなんの関係もない想定だ。

しかし、PR担当者に聞いてみたところ「海外旅行に行ったことがない人でも、きっと現地の気分に浸れますよ!」とのこと……。

正直、なんだか馬鹿にされている気がしたので、本当に「海外旅行気分」に浸れるのか、実際に食べて検証してみたい。


画像をもっと見る

 

①アヒージョヌードル

sirabee160908ion05

まずは明らかにヤバそうな「アヒージョヌードル」から。当商品は、最近流行りの後入れの調味料が入っているタイプ。

アヒージョのカップ麺と言えば、昨年日清食品がコンセプトの近い商品を出してたが、それは単にお湯を注ぐだけで、正直アヒージョ感が出ていなかった記憶がある。

そういう意味では、差別化は図れているとは言えそう。

sirabee160908ion04-1

中はこんな感じ。正直、オイルを入れないと普通のカップ麺にマッシュルームが入ったくらいの違いに思える。

お湯を注いで、後入れのスープを入れてみると……

sirabee160908ion06-1

なんだかいい感じになってきている。さて、一口食べてみると……はい、アヒージョ。これはアヒージョ。うん、アヒージョである! Gambas al ajillo!!!

想像以上のアヒージョ感で、正直びっくりしてしまった。後入れのオイルを入れることで、風味が格段に増している。

オリーブオイルをはじめとする、複数のオイルや、鶏豚のエキスがうまくミックスされており、スープにコクを生み出している感じだ。

若い頃、はじめてスペインバルに行ったときにアヒージョのオイルを直接飲んでしまい、「これはパンに浸して食べるものなんだよ」と言われ、

「知ってるけど、オイルだけでも美味しいよ?」


「ここのはナチュラルだから全然飲めるよ。君が猫舌じゃなければね」


もこみちはそのまま飲むらしいよ


などとごまかした経験がある人は記者だけではないはずだが、そんな人たちには朗報! このアヒージョは飲んでも恥ずかしくないのだ!

sirabee160908ion07

オイルを入れている割にはスープがあっさりしており、非常に食べやすい。それが麺に絡まるのだから、ウマくないわけがない。

鷹の爪の風味も程よく効いており、ピリ辛で食べ進めても飽きない。

もっとも、エビやマッシュルームに関しては正直味も料も普通な印象。ゆえに、この商品は麺とそれに絡まるアヒージョスープの旨みを味わうことがメインになりそうだ。


関連記事:世間の認識と違う?カップ麺を毎日食べる人の年収に衝撃

 

②ポトフヌードル

sirabee160908ion08

さて、お次は「ポトフヌードル」。アヒージョがスペインの家庭料理であるのに対し、こちらはフランスのものだ。肝心のお味のほうはと言うと……

強めのブイヨンベースに、ベーコンの風味が混ざったスープ。オニオンが入っているので、それが少しアクセントとなっている。

しかし、前述の「アヒージョヌードル」がきちんとアヒージョ味として成立していたのに対し、正直こちらは「ポトフ風味のカップ麺」の域を出ていない印象。

それに、ポトフは野菜がゴロゴロ入っているからこそ価値があるのに対し、この商品は頑張って入るけれどカップ麺テイストなゴロゴロ感だ。

擬音で言うなら、「コロコロ」と言ったほうがしっくりくる感じ。個人的には、正直少し中途半端な印象に感じた。


結論だが、記者としては断然「アヒージョヌードル」をオススメしたい。きっと、その見事な「アヒージョ感」に打ちのめされることだろう。

・合わせて読みたい→シリーズ史上最激辛! カップ麺「激辛アラビアータ味」がむせ返るウマさ

(取材・文/しらべえ編集部・岡本拓