もはや本職がなんだかわからない!TOKIOの鉄腕DASH伝説3選

画像は日本テレビ公式サイトのスクリーンショット
画像は日本テレビ公式サイトのスクリーンショット

『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)において体を張ったみごとな仕事ぶりを見せ続けているTOKIO。

しらべぇでは、これまで伝説の数々を紹介してきた。「この人たちの本業は何!?」と疑問を持ってしまうほどの活躍である。

画像をもっと見る

 

①珍魚発見で専門家も驚愕

6月26日に放送された番組内で発見された珍魚。

(画像はWEB魚図鑑のスクリーンショット)
(画像はWEB魚図鑑のスクリーンショット)

名前を「シマウシノシタ」という、シタビラメの仲間である。

アオリイカを探していたところ、東京湾では非常に珍しい魚を見つけたというのだから、強運ぶりにも舌を巻いてしまう。

▽元記事はこちら→TOKIO山口の珍魚発見に専門家も驚愕!「漁師になれる」の声も

関連記事:往復12時間! ビールのためだけに「岩手日帰りツアー」をする集団がヤバい

 

②農家に指導するアイドル!?

7月10日に放送された内容では、TOKIOのメンバーが、農家に「トウモロコシの収穫方法」を教える場面があった。

branex/iStock/Thinkstock
branex/iStock/Thinkstock

右手で収穫したトウモロコシを、左腕の肘を曲げたところに横に倒した状態で積み上げていくというもの。

城島は過去に大分県の農家に習ったそうだ。もはやどういう立場なのか…。

▽元記事はこちら→TOKIOが農家に収穫方法を教える珍事「何者?」とネット民震撼

③行動の速さがすごい! 海藻からところてん

(画像出典:市場魚貝類図鑑)
(画像出典:市場魚貝類図鑑)

9月4日に放送された回でのこと。DASH島の水路を作るという企画だったのだが、山口と松岡のふたりは浜辺で「テングサ」を発見。

するとすぐさま調理に取り掛かり、ところてんを完成させてしまった。

しかもところてんを切り分けるための「ところてん突き」も自作したというのだから驚きだ。

▽元記事はこちら→TOKIOが海藻から「ところてん」を作る→勘違いする腐女子多数

TOKIOはアイドルなのか、漁師なのか、はたまた農家なのか…これからの伝説にも期待しよう。

・合わせて読みたい→TOKIOはもう農業でも生きていける?東北民の反応に驚き

(文/しらべぇ編集部