しらべぇ

好きな仕事につけた人は3割弱 経営者を抜いて多かったのは

ビジネス

(John Foxx/Stockbyte/Thinkstock)

(John Foxx/Stockbyte/Thinkstock)

子供のころからの憧れの職業や、なりたい職業のひとつやふたつはあっただろう。実際に、希望した職業につけた人はどのぐらいいるのだろうか?

 

■好きを仕事にした人は

しらべぇ編集部で、全国の20~60代の男女1,400人に「好きな仕事につくことができたか」どうか調査してみた。

すると、全体では27.7%の人が好きな仕事につくことができたと回答しており、その割合は思いのほか高い印象ではないだろうか。
sirabee17214n
では、好きな職業につけた人はどんな立場で働いているのか?

最も高い割合だったのは「自由業」。収入の面では不安定なこともあるかもしれないが、組織に縛られることなく自分のスタイルで働くことができる。
さまざまな職種で個人事業主として働く人が増えているが、一般的にはクリエイティブな仕事にフリーランスの人が多く、「好きなこと」を仕事にした人が多いというのも納得の結果。

その次に、高い割合なのは「経営者」「公務員」。

公務員試験の合格や、難しい状況を乗り切る経営判断力など、ハードルの高いポジションなだけに「自らの意志で選んだ」仕事なのだろう。

 

■好きな仕事の満足度は…

とはいえ、好きな仕事につくことができたとしても、「現実はイメージと違った」なんてことも。

そこで「好きな仕事につけた人」が、今の仕事に満足しているか聞いてみたところ…。

sirabee17217sigo (1)

満足している人は63.7%。
今の仕事の満足度は、収入や人間関係などの要素も強く、比較的高い割合ではあるものの「好きな仕事」だからといって、必ずしも「満足している」とは限らないもよう。

それにしても「好きな仕事につけて、満足している」というのは、かなりうらやましい状況といえそうだ。

・合わせて読みたい→夢を持つことができない? 2人に1人が「Yes」の職業とは…

(取材・文/しらべぇ編集部・ふふふふ
【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~40代の男女1400名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu