斉藤由貴が不倫疑惑報道について記者会見 「彼はアドバイザーであり指導者」

3日夜、斉藤由貴が記者会見を開き、不倫疑惑について自らの口で語った。

50代の開業医の男性との不倫疑惑が報じられている、女優・斉藤由貴。3日夜、都内で記者会見を開き、自らの口で今回の騒動について説明・謝罪した。


画像をもっと見る

 

■W不倫疑惑が報じられているが…

一般男性と結婚し、3人の子を持つ母である斎藤。しかし、妻子ある男性とマンションの一室で密会を重ねている…と報じられている。

この件に関し、所属事務所は即座に否定。本人もFAXで「トレーナーと選手のような間柄」「家族皆がかかりつけとしてお世話になっている先生」と説明していた。

都内で行われているドラマの撮影と、生放送のラジオの合間で行われた記者会見、斎藤は白いシャツワンピースにざっくりと髪をひっつめた姿で登場。

会場に入り、深く一礼をしてから話し始めた。


関連記事:梅沢富美男、渡部建会見で不倫問題を追及する記者らに苦言 「大きなお世話」

 

■「なんとなく」握った?

2人の関係を問われ、斎藤は「家族がみんなお世話になっているお医者さんです」と説明。

2人で歩いているときに、恋人つなぎをしているのはなぜ? という質問には、

「2人とも映画が好きで。こういう映画があるよと言われ、是非私も見たいです、と。仕事帰りにちょうどいいから行こうとなって。


すごくいい映画で、疲れていたこともあって感動して泣いてしまって。古い映画館だったので、階段を下りるときに足元がおぼつかないというか…そのときになんとなく支えてくれる、そういうところのある方なので。


お腹が空いたからちょっと食べようかって話になって、そのときにパッと手を出されたというか、目に入ってというか。


なんとなくこう、掴んだときに…私の中で、ああいう風に本当に掴んだのかなと。実はあまり記憶がなくて。すごく一瞬のことだと思います。


優しくしてもらって、そんな風になっちゃったので、それがダメだったんだなと。」

次ページ
■アドバイザーであり指導者
不倫記者会見斉藤由貴開業医
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング