しらべぇ

俳優・山田孝之が「風俗経験」を告白 ぶっちゃけすぎる本音が話題に

『銀魂』『闇金ウシジマくん』で人気の実力派俳優の山田孝之が本音でトーク。ぶっちゃけすぎる姿勢が高評価?

エンタメ オトナ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

シリアスな役柄からコミカルな役柄まで、自由自在に演じるカメレオン俳優として人気を誇る山田孝之(33)。

最近では変態的な発言が話題にとりあげられることも多い山田だが、7日発売の『週刊プレイボーイ』での発言に注目が集まっている。

 

■男性俳優との「絡み妄想」

同誌のインタビューで男性俳優との「絡みシーン」について語った山田。

まず自分が「攻め」か「受け」かを考えた上で、「僕が四つん這いになったほうが絶対おもしろいでしょうね」と発言。中性的な年下の俳優の完全なる奴隷になるという具体的な光景についても妄想した。

さらに、俳優の千葉雄大(28)や福士蒼汰(24)の名前を挙げて妄想したのち、「福士蒼汰のほうがいいかもしれない」と語った。

 

■風俗嬢に恋した経験も

また、AVを見るかについて聞かれた山田は「もちろん見ますよ」と本音を明かす。マニアではないものの、一般男性と同じように鑑賞しているようだ。

風俗経験についても「行ったことはありますよ」と赤裸々に語った山田は、風俗に行くと相手をしてくれた女性に恋をしてしまうと明かした。

しかし、失恋気分を味わうハメになることから「俺、これちょっと苦手だな」と感じて、最近ではあまり行ってないという。

 

■山田孝之はヘンな役を受けがち?

しらべぇ既報のとおり、ヘンな役を受けがちな「罰ゲーム俳優ランキング」で2位にランクインしている山田。

ドラマ『荒川アンダー ザ ブリッジ』(毎日放送)での「星」役や、映画『銀魂』の「エリザベス」役など、「変わった役をやってるな」という印象をもつ人は多いようだ。

突拍子もない変態ツイートや、何を考えているのかわからないミステリアスな雰囲気が、コミカルな役柄をさらに引き立てているのかもしれない。

 

今後、ますますの活躍が期待される山田。もしかすると、内にはさらなる変態性をもっているのかも。

・合わせて読みたい→山田孝之おすすめ『ほんだし風呂』がスゴい! 忙しい人に最適

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国20代~60代の男女1,360名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集