「キラキラ起業女子」の実態が物議 セミナー主催者の「養分」になるだけ?

セミナーに多額の投資をして起業を試みる「キラキラ起業女子」の実態がヤバすぎる…

エンタメ

2017/08/24 16:00

キャリアウーマン
(beer5020/iStock/Thinkstock)

実行に移さないまでも、「起業」することに憧れを抱く人は決して少なくないはず。

そんな中、24日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、「キラキラ起業女子」と称される女性たちの特集を放送。

字面からは、キャリアウーマンとしてバリバリ仕事に打ち込むカッコイイ女性たちを想像してしまうが、その実態は異様なものだった…。



 

■キラキラ起業女子は「SNSでビジネス」

「キラキラ起業女子」として同番組に取り上げられたのは、「先行投資」として数十万単位の金額を支払って毎日様々なセミナーに通っている女性たち。

彼女たちは「SNSを活用したビジネスモデル」を主体とし、様々な業種で起業を目指しているという。

しかし、「起業」とはやはりなかなか難しいようで、セミナーに多額の先行投資をしても、セミナー参加者の中で収益が1万円以上の人は約2割、残りの8割の人の収益は、1万円に満たないというのが実情のよう。

また、SNSを駆使してビジネスを展開する「キラキラ起業女子」にとって大切なことは、「自撮りが上手で『イイね!』が多いこと」だそうだ。


関連記事:契約費用だけで80万円も 参加者に聞いた起業セミナーの実態

 

■セミナー代に100万円つぎこむ

同番組がインタビューを行った30代の女性は、起業コンサルティングや集客コンサルティングのセミナーに加え、DNA栄養学などのセミナーに総額100万円を超える先行投資を行ったという。

彼女はマッサージ店などのサービス業で起業を目指しているそうだが、セミナーで培ったノウハウを生かして実施した「無料マッサージ」の集客はたった1人。

それでもセミナー通いを辞めるつもりはなく、起業へ向けて講師から指摘された問題点の改善に向けて取り組んでいるのだそう。

次ページ
■一番儲かっているのは「セミナー主催者」