以前と比べて豊かさを感じる人はわずか1割 「金持ちはよりリッチに」が鮮明に

衆院選の中で、与党は「アベノミクスの成果」を強調するものの…

2017/10/16 11:00

札束
(violet-blue/iStock/Thinkstock)

資本主義経済は、成長を前提につくられている。国際通貨基金(IMF)は、10日に発表した『世界経済見通し』の中で、2017年の日本の経済成長率を1.5%と予測。7月時点の予測より0.2ポイント上方修正した。

企業の収益が上がり、賃金が上昇し、消費が増えてさらに経済が活性化する…というのが、理想的な景気循環だが、一方で世間の実感はどうなっているのだろうか?

しらべぇ編集部は、「3年前と比較した暮らしの豊かさ実感」について、全国20〜60代の男女1,354名に調査を実施した。


画像をもっと見る

 

■「豊かになった」はわずか1割

暮らし

「暮らしが豊かになった」という回答は、全体では1割にとどまる。「変わらない」と答えた人が過半数なものの、苦しくなったと感じる人は4割に迫った。


関連記事:東北地方で最も住んでみたい地域ランキング 1位は圧倒的に…

 

■「年収700万円」に壁?

また、この調査結果を個人年収別に見てみると、「富める者はより豊かに」という傾向が明らかだ。

暮らし

「苦しくなった」と答えた人は、年収300万円以下では4割を超え、年収が上がるごとに着実に割合を落としている。1000万円以上稼ぐ層では、わずか2割だ。

一方、3年前より豊かになったと感じる人は、年収300万円以下ではわずか5.2%。年収700万円を下回る層とそれより収入がある層では、2倍以上の差が開いている。

次ページ
■ネトウヨは豊かさを実感?

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

年収アベノミクス暮らしネトウヨ無党派リベラル豊かさGDPIMF経済成長率保守派
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング