しらべぇ

障害も「唯一無二の特性」 東ちづるが舞台『月夜のからくりハウス』にかける思いとは

「まぜこぜの社会」をめざす一般社団法人『Get in touch』が、「見世物小屋のドキドキ感」をコンセプトに届けるエンターテイメント。

エンタメ

インタビュー現場の会議室に伺うと、彼女はすっと名刺を差し出してくれた。女優、東ちづる。一般的に芸能人は名刺を持たないが、東は表現・創作活動を通じて共生社会の実現をめざす一般社団法人『Get in touch』の理事長も務める。

「名刺のイラストと受け取った人とが、手がつながるようなデザインなんです」と笑う。音楽やアート、表現は、違いを乗り越えて人をつなぐことができる、というメッセージだ。

 

■『Get in touch』創設から6年

東ちづる

東が『Get in touch』を立ち上げたのは、東日本大震災後の2011年。翌年には、社団法人として体制を整えた。

当初から、「支える・支えられる」という支援の形ではなく、エンターテイメントを活動の軸にしていたため、ハレーションも大きかったという。

東:2011年の12月、赤坂で自閉症スペクトラムの啓発イベントを行いました。このメンバーで初めてのイベントです。障害のある作家の作品の展覧会を開催して売上を被災地の障害者施設に寄付したり、オノ・ヨーコさんにもゲストで来ていただいたり。

 

その時も「障害者を食い物にするのか!」というような批判がありました。実績を積み重ねてきたことで、ハレーションは少なくなってきたものの、いつもありますね。

 

■「シンポジウム」では拡がらない

こうした啓発イベントは、専門家を招いた講演やシンポジウムといったスタイルのほうが一般的だ。しかし、それだけでは情報や共感の拡がりに限界があるという。

東:シンポジウムを聞きに来る方は、そのテーマの当事者や関係者など、すでに意識が高い人が多いんです。その外側の、本当に知ってほしい人たちには、なかなか伝わりません。私たちが、アートやエンタメを中心に置いて活動しているのは、まだ興味を持っていない人を巻き込むためには、そうしたコンテンツの力が有効だからです。

 

実際、Get in touchが自閉症イベントを行なったときは、自閉症協会のサイトにアクセスが集まりすぎて、つながりづらくなったそうです。

 

■団体設立の頃から温めていた舞台

東ちづる

これまで、アート展やライブなどを開催してきたGet in touchだが、12月には初めて大規模な舞台を控えている。平成まぜこぜ一座による『月夜のからくりハウス』だ。

東:「こういう舞台をやりたい」と考え始めたのは、この団体を立ち上げてすぐの頃からです。この舞台のキーワードは「見世物小屋」ですが、その歴史やどのような経緯で消えていったのか、負の側面についても、学び調べました。

 

私が子供の頃は、まだテレビで小人プロレスを放映していました。動きがユーモラスで、魅力的な芸です。ごく普通のバラエティ番組にも小人の方が出演していましたが、今ではNHKの『バリバラ』や日テレの『24時間テレビ』など、教育や福祉、チャリティという枠でしか、見ることができません。

 

彼らの中には、「純粋なエンタメとしてもっと見てほしい、活躍の場がほしい」という人もいるんです。

 

■批判の声とメディアの忖度

チャリティ的な文脈を除いて、マスメディアの中から障害者たちが見られなくなった背景には、視聴者との関係性も指摘する。それは、東自身が体験したことでもある。

東:日本のテレビからは、バラエティ豊かなさまざまな人が消えていきました。映画でも、日本では健常者が障害者を演じますが、海外には障害のある役者やパフォーマーが所属するプロダクションもあって、障害者がそのまま障害者を演じるケースも少なくありません。

 

その背景には、視聴者からの批判や抗議も影響していると思います。これは、私も身をもって体験しています。自閉症のイベントを開いて何年か経った頃、「実績も重ねたし、そろそろ挑戦的なメッセージを出したい」と思って、「お先、真っ青」というキャッチコピーを発信したんです。世界自閉症啓発デーのシンボルカラーである、青にかけて。

 

ところが、ごくわずかに抗議が届いたんですね。「『お先真っ暗』を連想させる。自閉症家族の痛みをわかっているのか」と。自閉症協会の方にも対応してもらい、納得していただいたのですが、イベントの協賛企業にも直接抗議がいって、何社かの企業さんは実際に協賛をおりられました。

 

これは運営サイドにとっては大変な痛手ですから、メディアが忖度してしまうのもわからなくはありません。

 

■唯一無二の個性をもった出演者たち

東ちづる

2013年に障害者差別解消法が制定されてから、「バリアフリー社会」という言葉はよく聞かれるようになった。

東:障害者差別解消法が制定されて、車イスの方とレストランに行こうと思ったとき、少しずつ行けるお店が増えてきました。一緒に行くとまだまだ大変なことがありますし、旅行などの困難さもありますが。

 

一方でメディアの中では、そうした人たちは「いないこと」になっている。もしくは、「全盲の歌手だからすごい」と評価される。「目が見えないからじゃない、歌がすごいからそれを見て、聞いてほしい」と思います。

 

『月夜のからくりハウス』には、錚々たる出演者が集まりました。マメ山田さんは、寺山修司さんや蜷川幸雄さんの舞台の常連で、演劇好きなら誰もが知っているような役者です。

 

リオ五輪の閉会式で、素晴らしい演技を見せた車椅子ダンサーのかんばらけんたさん、「内蔵や骨格がどうなっているんだろう?」と思うくらい彼女にしかできない踊りを見せるダンサー森田かずよさん、NYのアポロシアターのウィークリーチャンピオンになった全盲のシンガーソングライター佐藤ひらりちゃん…紹介していくとキリがないくらい唯一無二の特性を持ったメンバーです。

 

このような形で一同に会するのは、みなさん初めてらしく、「あの人とご一緒できるなんて!」というコメントをいただいたのは、プロデューサー冥利に尽きますね。

 

■出演者の特性が光るために脚本を修正

今回の舞台で、東はキャスティング・プロデュース、それに、同じくメンバーの尾崎ミオと脚本・演出も手がけている。

東:ダンスや歌や演技など、まぜこぜの特性を舞台だからひとつにつなぐストーリーが要る。脚本は、すでに13稿目に入っています。一般的には、ここまで直すことはあまりありません。

 

「いつになったら決定稿が出せるんだ…」と思いますが、稽古するたびにそれぞれの方にしかできないことが見つかり、「これをやりたい、こう演じてみたい」という声を取り入れて、本を直しています。

 

そう聞いて稽古風景を見たくなったしらべぇ取材班は、出演者たちが集まるミーティングを訪れた。

 

■出演者からも活発な声が飛ぶ

月夜のからくりハウス

この日、都内の会議室に集まったのは、伊是名夏子さん、長谷川博史さん、マメ山田さん、佐藤ひらりさんなど出演者や、ヘアメイク、撮影監督などスタッフのみなさん。

月夜のからくりハウス

13稿目の原稿読みが始まるが、出演者からはセリフ以外にもさまざまな声が上がる。

「聴者(ちょうしゃ)というセリフは、耳で聞いただけではわかりにくいのではないか」

 

「『日本では…』となっているが、日本だけではないのでは」

 

東は、「気になることは、もっとどんどん言って!」と会場に声をかけ、台本に取り入れていく。ひとつの舞台をみんなでつくるような感覚だ。

月夜のからくりハウス

熊本在住のあそどっぐさんや大阪在住の森田かずよさん、高松在住のスタッフなど、遠方に住んでいるため参加できないメンバーの中には、インターネット通話で会議に加わる人も。公演も近づき、稽古は熱気を帯びていた。

 

■プロジェクトへの支援も受付中

舞台『月夜のからくりハウス』は、12月10日(日)18時より品川プリンスホテル「クラブeX」にて開演。

用意した360席のチケットは24日現在で完売しているが、このプロジェクトを応援するためのクラウドファンディングは引き続き行われている。

クラウドファンディングの返礼には、公開リハーサルの見学が可能なプランも(100名限定)。

『月夜のからくりハウス』クラウドファンディング

『月夜のからくりハウス』公式サイト

・合わせて読みたい→今クールの台風の目はテレ東の豪華すぎるオッサンたちドラマ

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集