田村淳、りゅうちぇる炎上の「タトゥー問題」に持論 「素晴らしい!」と称賛相次ぐ

りゅうちぇるの投稿で話題になったタトゥー問題。田村淳がインスタグラムに投稿した持論が話題に。

田村淳

しらべぇ既報のとおり、タレントのりゅうちぇるが、両肩に妻・ぺこの本名「TETSUKO」と、長男の名前「LINK」の文字をタトゥーとして彫ったことに賛否が相次いでいる。

この問題について、ロンドンブーツ1号2号・田村淳が自身のインスタグラムに投稿したタトゥーへの持論が注目を集めている。


 

■「なぜ入れたのか?」を聞く

田村は、自身の祖父が五島列島で漁師をやっていたこと、左腕に「田村」と刺青を入れていたことを明かす。

祖父は「漁に出て沖で事故が起きて溺死した場合、水死体は誰だか判別できなくなるから刺青を入れた」と話していたという。それを聞いた田村は「仕事に対する覚悟の表れなんだと感動したのを覚えてます」と語る。

それからというもの、タトゥーを入れている人には、その人の覚悟に触れるために「なぜ入れたのか?」と聞くようにしているという。


 

■「人を見かけだけで判断するな」

また、自身の番組でタトゥーを扱う企画をやったことに触れ、「みんな見かけだけではわからない人間味のある方ばかりでした。人を見かけだけで判断するなと教わりますよね? タトゥーも同じだと思います」と語る。

暴力団関係者の刺青率が高いことについても、「それでも僕はどんな想いで入れたのか? を聞き続けたいと思います。聞いて誤解が解けた経験が沢山あるから…タトゥー、刺青を入れて威圧してる人は、仮に入れてなくても威圧的だと思う…」と持論を述べる。

今回、りゅうちぇるのタトゥー問題で話題になる今だからこそというのもあるのだろう、「もう一度タトゥーについて考えてみてはいかがでしょうか?」と訴えた。

View this post on Instagram

‪僕の祖父は五島列島で漁師をやっていました。祖父は刺青を入れていました…左腕に『田村』という刺青です。漁に出て沖で事故が起きて溺死した場合、水死体は誰だか判別できなくなるから刺青を入れたと話していました。仕事に対する覚悟の表れなんだと感動したのを覚えてます。それからなぜ刺青を入れたのか?を聞くようにしてます。その人の覚悟に触れられるから‬です。 田村淳の地上波ではダメ!絶対!という番組の中のコーナーでタトゥー銭湯という企画では、日頃の銭湯になかなか入れてもらえないタトゥーを入れた人達を呼び、タトゥーについて語り背中を流してゆっくりとしてもらうコーナーです。 みんな見かけだけではわからない人間味のある方ばかりでした。 人を見かけだけで判断するなと教わりますよね?タトゥーも同じだと思います。 2020年にはオリンピックで世界中から日本に外国人がやってきます。外国人のタトゥーは許せて日本人のタトゥーは許せない? たしかに暴力団の方々が刺青を入れてる率は高いですが…それでも僕はどんな想いで入れたのか?を聞き続けたいと思います。聞いて誤解が解けた経験が沢山あるから…タトゥー、刺青を入れて威圧してる人は、仮に入れてなくても威圧的だと思う… りゅうちぇるの件をきっかけにもう1度タトゥーについて考えてみてはいかがでしょうか?すぐに答えを出そうって訳じゃなく、あくまで考えるきっかけに!

A post shared by 田村淳 (@atsushilb) on


次ページ
■「刺青いれる覚悟って必要な覚悟ですか?」

あなたにオススメ