「社会人の化粧」はマナー? すっぴんで会社へ行く女のリアルとは

化粧をせず会社へ行くことに、後ろめたさを感じている女の人もいる。

化粧
(prasticboystudio/iStock/Thinkstock)

夏になると、汗のせいでメイクが台無しに…なんてことがよくある。そのリスクや手間を考えると、「化粧をしない」選択肢をしたくなる女性も多くいるだろう。


 

■化粧はマナー?

しらべぇ編集部は全国の20代〜60代の会社員女性192名を対象に「化粧」について調査したところ、28.6%の人が「すっぴんで会社へ行くことに後ろめたさを感じない」と回答。

「化粧はマナー」と言われることも多いが、意外にもすっぴんで平気な女性も多いようだ。化粧をしなければ朝の時間にも余裕ができるので、その分ゆっくりと他の支度ができるようになる。

そこで、すっぴんNGな人とOKな人にそれぞれ話を聞いてみることに。


関連記事:尼神インター誠子、寝起きすっぴん写真をアップ リアルすぎる表情に反響相次ぐ

 

■すっぴんでは出社できない

すっぴんでは、とても職場に行けない人もいるようだ。

「眉毛がないので、そのまま会社に行く勇気がない。大げさに言えば、服を着ないで会社に行くくらいの罪悪感がある」(20代・女性)


「銀行の受付という仕事柄、お客様と直に接する機会が多い。そのお客様にとっては私が会社の顔なので、すっぴんでは仕事できないと思っている」(30代・女性)


「年齢とともに、シミとかシワが目立つようになった。だから、恥ずかしくってすっぴんで出社なんてとてもできない」(40代・女性)


■すっぴんでも平気

一方で、「誰も見ていない」「問題ない」と思っている人も。

「社会人になったばかりのときはキチンとしていた。けど、どんどん手抜きになって今ではすっぴんで行くこともある。もともと顔が整っているから、すっぴんでも平均点以上は取れている自信があるからね」(20代・女性)


「誰も私なんかを見ていないので、化粧をしてもしてなくても変わらないかなーと思う。誰のために化粧をしているのかもわからない。だから、後ろめたさは感じないね」(30代・女性)


化粧をする・しないは自由だが、会社や業務に合った身だしなみをすることが、社会人として求められることなのだろう。

・合わせて読みたい→平子理沙(47)がすっぴん公開も… 「すっぴん?」「ノーメイクに見えない」

(文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年5月22日〜2015年5月25日
対象:全国20代〜60代の会社員女性192名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ