しらべぇ

ガッキーの「お風呂入ろ~」に悶絶も… 社畜描写に注目の『けもなれ』第1話

ガッキーかわいいけれども、内容は思ったよりヘビーだった…。

エンタメ

新垣結衣

(『獣になれない私たち』)

新垣結衣と松田龍平がW主演を務め、大ヒットドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』『アンナチュラル』(ともにTBS系)などで知られる野木亜紀子氏が脚本を担当するドラマ『獣になれない私たち』の初回が10日に放送された。

その内容を一言で表現すると「社畜ガッキー」。詳しく見ていこう。

 

■仕事ができるゆえの苦悩

ECサイトの制作会社に勤める深海晶(新垣)は、仕事ができる優秀な女性。しかし、優秀ゆえに本来他の人に振られるべき仕事を任されてしまうことが多く、同僚や後輩の失敗のフォローばかりしていた。

また、社長の九十九(山内圭哉)は仕事の鬼であり、次から次へと新しいタスクを晶に課しては、勤務時間外にもメッセージアプリで連絡し続けてくる男だった。これらの結果、晶は心身ともにすり減らしていく。

 

■恋人の母親と対面

そんな彼女には、花井京谷(田中圭)という恋人がいる。

ある日、晶は京谷の母親・千春(田中美佐子)に会うことになるのだが、そこで両親のことを聞かれ、事故死した父がDV男だったこと、そんな父に暴力を振るわれていた母は父の死後、マルチ商法に手を出し、晶が貯めていたお金も使ってしまった過去を話す。

そんな暗い過去を話した晶だが、千春はすっかり気に入った様子で、京谷に早く結婚を進めるように急かす。だが、京谷は元恋人の朱里を部屋に住まわしているという、母親には言えない秘密を持っていた。

 

■お互いの印象は最悪?

仕事で毎日忙しく働いている晶には、「5tap」という行きつけのクラフトビールバーがあった。そこに同じく常連として通っているのが根元恒星(松田龍平)。

もともと顔見知りだった晶と恒星だが、恒星の元恋人である橘呉羽(菊池凛子)が突然「私、結婚した!」と宣言する場に居合わせたことをきっかけに、少しずつ話すようになる。

そんなある日、晶は恒星に対し、呉羽のことをどう思っていたか質問。しかし、恒星はそれには答えず、自分の余命が幾許も無いという嘘をつき、終いには晶のいないところで「あの笑顔がきもい」と発言。しかも、晶はそれを聞いてしまうことに。

 

■獣への第一歩?

その後も、トラブル続きで終電ギリギリまで仕事に追われる晶。「5tap」に行き、恒星に会った帰り道、店からほど近い場所にある事務所に誘われるが、晶は「私、バカじゃありません。」と断る。「バカになれたら楽なのにね。」そう言って恒星は去っていった。

次の日、晶は以前呉羽が着ていた個性的な服とブーツを身に着けて出社。業務内容の改善要求を、九十九社長に出すのだった。

 

■想像以上の内容に「しんどい」

『逃げ恥』や『アンナチュラル』の中で、「非正規雇用」や「ブラック企業」など、様々な社会問題を取り扱ってきた野木氏。本作でも初回からパワハラ、セクハラ、ゆとり世代…と多くの題材が盛り込まれた。

予想以上にヘビーな内容に圧巻され、辛くなってしまった視聴者もいたようだ。

 

■社畜描写がリアルすぎる

ヘビーとなった要因のひとつは、社畜描写のリアルさだろう。並のドラマではブラック企業の描写といえば「深夜のオフィスで栄養ドリンクを何本も一気飲みして…」的なものが多いなか、たとえば第1話では地下鉄でメールを送るシーンが非常にリアルだった。

後輩のミスで、クライアントのプレゼン資料を重要な会議直前に差し替えることになった晶。訂正したものをメールで送り、自分もその会社に向かうのだが、地下鉄に乗る直前まで晶はメールを、自販機が置かれた部分に置き、しゃがんで打ち続けたのだ。

そして、発車しないかチラチラ確認しながら、メールをなんとか送って電車に乗り込む。Wi-Fiのなかには地下鉄に入ってしまうと送れないものが多い…というのを踏まえた上での描写なのだと思われる。

取材はどんな脚本家でもすることだが、どれを選ぶかはその人の力量次第。普通なら見逃すようなことに着目し、ストーリーに違和感なく差し込む野木氏の手腕が発揮されていたワンシーンだった。

 

■ガッキーがかわいすぎ

しかし、そんなリアルでヘビーな内容を乗り切ることができたのも、主演・新垣の国宝級のかわいさがあったからこそ。序盤から見せるその表情に、多くの視聴者が「天使…」と悶絶した。

とくに序盤で繰り出された「お風呂入ろ~」に、思わず心臓を破壊されてしまった人も多かったようだ。

 

■みんながガッキーの味方だぞ

そんなこんなで、作中でたくさん辛い想いをしたガッキー。しかし、だからこそ視聴者は団結を強め、「俺たちは見方だよ!」となったようだ。

晶の反撃はどうなるのか。京谷との問題は何なのか。そして、晶と恒星はどうなっていくのか…刺激的な水曜の夜が始まりそうだ。

・合わせて読みたい→「犯罪感が半端ない」「さすがに無理」 有村架純主演『中学聖日記』に苦言相次ぐ

(文/しらべぇドラマ班・卯月 イラスト/みかごろう

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu