ディズニーの「11時間待ち」を風間俊介が分析 的確な指摘に「さすが」と称賛の声

ディズニーファンの熱はスゴイ。

当サイトでも既報のとおり18日、東京ディズニーランドの一部アトラクションで「最大11時間」を記録した。

この件について、芸能界屈指のディズニーマニアとして知られる俳優の風間俊介が自身の見解を述べ、ネット上で話題になっている。


 

■驚異の「660分待ち」

おさらいすると、18日はミッキーマウスが最初に登場した短編映画が上映されてから90年の節目の日だった。この記念すべき日を祝うべく、同園には開演前から大勢のファンが駆けつけることに。

中でもミッキーが住む家という想定の施設を散策し、記念撮影や握手ができる人気アトラクション「ミッキーの家とミート・ミッキー」では一時、待ち時間が「660分」、時間換算にして11時間を記録することになった。


 

■グリーティングが大きな要因に?

この状況について、月曜メインパーソナリティーを務める『ZIP!』(日本テレビ系)でコメント。

まず11時間という待ち時間について、風間は「僕も聞いたことがない」と素直に驚いたことを告白。そして、それほどまでの混雑になった理由については「グリーティングと言われる、キャラクターに会うのを楽しみにしている人たちがどんどん増えている」と延べ、それとミッキーの誕生日とがあわさって盛況に至ったのだと分析した。

次ページ
■「さすが」の声

あなたにオススメ