友達を見下す人ってどんなタイプ? 自分への自信のなさの現れとも

友達は平等なはずなのに、なぜか見下してしまう人がいる。相手より誇れる部分を見つけないと、気がすまないのだ。

2019/01/03 11:30



 

■天才は友達を見下す

自分のことを天才だと思っている人は、半数近くが見下している友達がいると答えている。

友達なのに見下す傾向別グラフ

天才であれば、人よりも勝っているのは当然ではあるが…。

「学生時代までは勉強ができたので、周囲の人を成績で見下すことで自分を保ってきた。しかし僕はコミュ力や柔軟性が低いために、就職してからは一気に低い立場に。


仕事ぶりでは見下すことはできないから、出身大学をよりどころにしているのもダメなパターン」(30代・男性)


関連記事:指原莉乃、美人サンタ姿がヤバすぎる 「目が怖い」「顔が変わった」と衝撃

 

■見下す行為こそが最低

他者への見下しは、自信のなさの現れなのかも。

「勉強もできて、頭も切れる友達。それでいて誰にでも親しみやすいから、周囲からの人気者。彼は自分に余裕があるから、誰かと比べて見下さなくてもいいのだろう。自分に自信のない人が、友達を見下してしまうのだと思う」(20代・男性)


見下すような性格が、なによりも最低だとの意見もある。

「仲のいい人を見下すような人こそ、一番低いレベルのところにいるんじゃないかと思う。マウンティングしないと生きられないかわいそうな人だから、そんな人とは距離を置きたい」(30代・女性)


せっかく友達になれたのだから、お互いを認め合う仲になりたいものである。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

友達上下関係マウンティング調査
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング