指原莉乃、焼肉を塩で食べる人にドン引き 「めちゃめちゃ嫌だ」と嫌悪感あらわに

東京に染まった関西出身者に怒りを訴えるナジャ・グランディーバ。その訴えに指原莉乃も共感。

指原莉乃

19日放送の『ピンポイント業界史』(テレビ朝日系)にHKT48の指原莉乃が出演。食にまつわる持論が話題になっている。


 

■「東京かぶれ」の関西出身者に怒り

番組では、大阪在住のタレントのナジャ・グランディーバが、関西出身者が上京してから「東京かぶれ」になってしまうことへの怒りを発表。

とある「東京に染まった関西人」は、上京してからシャンパンのことを「泡」と言い出し、天ぷらを食べるときもやたらと塩で食べたがるという。抹茶塩を要求するようになり、ナジャは「天つゆに大根おろしが一番おいしいっちゅうねん!」と持論を述べた。

さらにその関西出身者は、そばを食べるときでもつゆで食べようとするナジャに「まずは素材の味を楽しまないと…」と塩を勧めてくるという。言葉遣いも関西弁から標準語に変わり、完全に東京に染まっていることから「なんでお前が東京代表みたいな感じで私たち関西人を見下してくんねん!」と怒りをにじませた。


 

■指原も「めちゃめちゃ嫌だ」

この訴えに指原も「わかります。私もめちゃめちゃ嫌だ」と強く共感。「焼肉とかも塩で食べさせるところあるじゃないですか。絶対タレびしゃびしゃのほうがおいしい!」と語る。

スタジオにいる首都圏の観覧客20人からも「ちょっと東京に住んだくらいで東京人ぶるな」「染まりすぎた地方出身者嫌い」「東京に憧れてこじらせている人多い」と共感の声があがる一方、「天ぷらで塩はおいしい」「人それぞれの食べ方、呼び方でもいいじゃん」「東京で食い方を発見しただけだと思うんだが」と批判的な意見も寄せられた。


■東京に憧れを抱いている人は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,477名に「東京」について調査したところ、2割が「東京に憧れを抱いているほうだ」と回答した。5人に1人が東京に強い思いがあるようだ。その憧れから、食の好みや言葉遣いも変わってしまうのかもしれない。

東京に憧れを抱いている性年代別グラフ

しらべぇ既報のとおり、指原といえば過去に「絶対に東京が一番おいしいものが揃ってる」と発言していたが、名店に通う中で「この人、東京に染まっている」と思う経験をしたことがあるのだろうか。

・合わせて読みたい→指原莉乃、ツイッターをする男を否定 「絶対にイヤ」「ちょっとキモい」と本音語る

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名(有効回答数)

あなたにオススメ