ローソン100はどこへ行くのか… 「シビれる辛さフェア」がやり過ぎて悶絶

ローソン100から「シビれる辛さフェア」が爆誕。そのシビ辛具合はコンビニレベルじゃない…?

グルメ

2019/02/06 10:30

ローソン100

見るからにボリューミーなおにぎりで話題になったローソン100。ちょっとやりすぎでは!? と思ってしまう商品が多いのだが、そんなローソン100の担当者から「『シビれる辛さフェア』をやるんです!」としらべぇ編集部に連絡が。…嫌な予感がする。

震えながら連絡をしたところ、事前に経験(?)させてもらえることに。今回の「シビれる辛さフェア」で発売されるホットメニューは、全7種。すべてが6日に一斉発売されるという。

実際に食べたしらべぇ取材班の思う「これ辛くない?」ランキングで紹介していこう。


 

①シビれる辛さのまぜそば風おにぎり(辛さ:1)

ローソン100

豆板醤で炊き込んだご飯に、辛く仕上げたまぜそばを混ぜ込んだ逸品。

ローソン100

チャーハンっぽい見た目を裏切ることなく、ピリ辛でかなり食べやすい。具材として入っているめんまのシャキシャキ感がアクセントになっていて、食感も楽しい一品。

関連記事:『スッキリ』一青窈、生歌唱中の行動に騒然 「恐ろしい」「びっくり…」

 

②シビれる辛さのまぜそば風サンド(辛さ:2)

ローソン100

焼きそばサンドのような風貌のこちらは、台湾風まぜそばをサンドイッチに挟んだ一品。炭水化物大好きなローソン100らしい見た目だ。

ローソン100

まぜそばエリアとコチュジャン入り卵黄ソースエリアに分かれており、どちらも甘辛くて美味しい。あとからピリピリッとするのもシビ辛フェアらしくてたまらない。

次ページ
③シビれる辛さの高菜チキン(辛さ:3)

この記事の画像(20枚)


あなたにオススメ