子育て女性への風当たりは強すぎる? 「母親はこうあるべき」とのイメージ押し付けも

精神的にも体力的にもキツい子育て。周囲からの支えは大きな力となる一方で、批判的な目線が向けられる場合も。

社会

2019/03/16 18:30

母子
(monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「日本は子育てがしやすい国だ」と、心から思う人がどれくらいいるだろうか。「保育園落ちた日本死ね」という言葉が新語・流行語大賞のトップ10入りしたのは、2016年。

マタハラ(マタニティハラスメント)や待機児童問題、保育園新設への反対運動、電車内でのベビーカーをめぐる問題など、子育て世代への逆風は、枚挙にいとまがない。

とくに女性は、子供をもつと「母親として」「ママなんだから」と、周囲からの要求が強くなるケースがあるようだ。


 

■4割が「風当たり強すぎ」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査したところ、全体の36.4%が「子育て中の女性への世間の風当たりが強すぎる」と回答した。

子育て

男性では35.5%、女性では37.3%と女性においてのほうがやや割合が高いものの、大きな差がない結果となっている。


関連記事:流行りの「親子コーデ」の印象は? 子育て世代では難色を示す意外な結果に…

 

■30代女性が最多

この調査結果を男女年代別で見てみると…

子育て

どの年代でもおしなべて割合が高いものの、もっとも多かったのは30代女性で42.8%。やや子供が大きくなっていると思われる40代女性も39.2%だが、それ以上に60代男性が39.8%で同情的な思いを抱いていることもわかる。


■子あり男女は実感か

また、子供の有無別に回答を見てみると、男女とも顕著に子育て中の人のほうが高い結果となった。

子育て

しらべぇ編集部では、保育園に通う子供を子育て中の20代女性に話を聞いてみた。

「子供を産んでから、何かと『お母さんなのに…』と言われることが増えました。出かける際の服装1つとっても『もう私はお母さんだから』という理由で、袖を通せなくなった服が何着もあります。


確かに、子育て中に丈の短いスカートなどは適しませんが、『母親なのだからこうあるべき』というイメージの押し付けみたいなものは、様々な場面で感じます」

子育て世代に向けられるのは、強い風当たりではなく、温かい思いやりややさしい手であることを望みたい。

・合わせて読みたい→バラエティに「ヒール役」は必要なのか? 子育て世代の興味関心が目立つ傾向も

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1589名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)