『ものまねグランプリ』Mr.シャチホコ酷評に唖然 「これはさすがに…」

「和田アキ子」のものまねで大ブレーク中のMr.シャチホコに対する、先輩芸人たちの辛口すぎる評価に、視聴者から不満の声が続出…

Mr.シャチホコ
(画像はMr.シャチホコ公式ツイッターのスクリーンショット)

7日放送の『ものまねグラプリ』(日本テレビ系)に、「和田アキ子」のものまねで大ブレーク中のMr.シャチホコが出場。

決勝戦まで進んだものの、審査員からの評価があまりにも低すぎたとして、視聴者から不満の声が相次ぐ事態となっている。


 

■決勝で渾身のものまね披露

「ものまねレジェンドが選ぶ次世代ものまね芸人No.1決定戦」と題し、審査員に関根勤、コロッケ、神無月、ホリ、井森美幸の5名を迎えて行われた今大会。

シャチホコをはじめ、霜降り明星、モリタク!&河口こうへい、山田七海、古賀シュウの5組が決勝戦へと進んだ。

シャチホコは『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウをはじめ、桂歌丸さんに和田アキ子、加山雄三など、渾身のものまねをメドレー形式で披露した。


 

■コロッケ、関根の評価厳しく…

しかし、コロッケと関根からの評価は厳しく、5組中最下位という結果に。斬新なものまねネタで高評価を得た、霜降り明星が優勝を果たした。

シャチホコは番組放送後にツイッターを更新し、「反省点だらけの結果となってしまいました」とコメント。

「新ネタ」にこだわっていたことを明かし、「しっかり次に繋がるネタも生まれたので秋、そして年末こそは優勝目指します」と意気込みを語っている。


■「最下位はおかしい」不満の声

特徴を捉えた本人そっくりなシャチホコのものまねが、決勝で最下位となったことに、インターネット上には不満の声が続出。

「なんで、シャチホコさんが最下位なワケ!? ありえない!」


「シャチホコさん最下位なの?! それはないだろさすがに…」


「視聴者で採点したら、優勝はシャチホコだったと思う。なぜ最下位なん?」


「シャチホコ圧勝だと思ったけど、ずいぶん辛い点数。出る杭は打たれるってやつ?」


「審査基準がよく分からなかった」との声が相次いでいるほか、「視聴者投票にしてほしい」との意見も。

先輩ものまね芸人たちからの辛口評価に、「出る杭は打たれるということなのか?」との声も見られる今大会。シャチホコの次戦に期待したい。

・合わせて読みたい→内輪ネタで盛り上がる共演者に出川哲朗が… 熟練の対応力に「本当尊敬する」

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ