綾瀬はるか、北島康介とトーチキス 聖火リレー体験では「興奮した」と笑顔

10日、「コカ・コーラ社 東京2020オリンピック 聖火ランナー公募キャンペーン発表会」が開催され、女優の綾瀬はるか、元競泳選手の北島康介、日本代表MFの堂安律、そして多数の人気YouTubeクリエイターが登場。

エンタメ

2019/06/10 17:20

10日、コカ・コーラ社主催による「東京2020オリンピック 聖火ランナー公募キャンペーン発表会」が開催され、女優の綾瀬はるか、元競泳選手の北島康介、日本代表MFの堂安律、そして多数の人気YouTubeクリエイターが登場。

聖火リレー疑似体験を行い、会場は盛り上がりを見せた。


 

■どんな選手が活躍するか

コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当オフィサーの北島はスーツ姿で登場し「オリンピアンとして、東京にオリンピックが来るだけで興奮できますし、今から楽しみで仕方ないです」と挨拶。

続けて、「『過去を超える』がアスリートの中では目標だと思うんですけど、その中でどんな歩みをして、どんな選手が新しく出て活躍するか、ってところも大きな醍醐味だと思います」とオリンピックへの思いも語る。


関連記事:綾瀬はるか、腸内年齢は10歳下! 「思ったより若くてびっくり」

 

■綾瀬トーチ片手に「おぅ!」

綾瀬はるか

「Team Coca-Cola Ambassador」に任命された綾瀬はトーチを手に登場。北島とランナーが聖火を移すトーチキスを披露。

「大変光栄です。東京2020オリンピックと聖火リレーをますます、しっかり盛り上げていきたいと思います。『おぅ!』」と掛け声をあげ会場は笑顔に包まれた。

日本コカ・コーラでは、17日より聖火ランナーを公募するキャンペーンをスタートする。公式アプリ『Coke・On』をダウンロードし、対象製品の応募シールをアプリで読み込みポイントを貯めることで、誰でも簡単に応募できるようだ。

2度、オリンピックの舞台で聖火ランナーを経験した北島は「トーチは意外と重いんですよ。どうしても肘が下がってきてしまい『肘を上げろ』とか言われて…」と経験談を語る。


■トーチの重みを感じた疑似体験

また、イベントにはサッカー日本代表MFの堂安律、YouTubeクリエイターたちも駆けつけ、コースに見立てた会場で聖火リレーの疑似体験を楽しむ一幕も。

北島は「緊張していたら『あっという間』に終わってしまうので、沿道で応援してくれる人に手を振ったり周りを見ながら走るとすごく楽しめると思う」とアドバイス。実際に本物の聖火を手にし、綾瀬→堂安→YouTubeクリエイターの順番で会場をぐるりと一周。

関係者からの声援に手を振りながら体験した綾瀬は、「トーチの重みを感じながらっていうのは、すごい緊張感があるのと、みなさんからの声援もあるので、より興奮して状況を想像できて楽しめました」とにっこり。

一連の流れを目にしていた北島は「ここにいるYouTuberさんも、もしかしたら本番で走る機会があるかもしれない。今日みたいな走りじゃダメですよ!」と愛のあるダメ出しをし、会場は笑いに包まれた。

聖火リレーに誰でも参加できるチャンス!これを機に、ぜひ応募してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、サングラス写真にファン苦笑 「西部警察?」「ちょっと怖い」

(文/しらべぇ編集部・松野 佳奈

この記事の画像(26枚)


あなたにオススメ