第三次タピオカブーム 新店舗が次々に出店も実際に好きな人の割合は意外にも…

その外見のかわいさからブームが続くタピオカドリンク。実際に好きな人はどのくらいいるのだろうか?

ライフ

2019/06/16 09:30

タピオカ
(shih-wei/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

SNSなどで多くアップされているタピオカドリンク。もともとは台湾で人気になり、世界中に広がったようだ。現在は第三次ブームとなっており、テレビなどでも紹介され、さらに人気となり、次々と新しいお店もオープンしている。


 

■「好き」は約3割

そこで、しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1721名を対象に調査したところ、「タピオカが好き」と答えた人は、全体の32.8%。これだけのブームになっていることを考えると、意外に割合が低いように感じる。

調査タピオカ

男女別では、男性は23.2%、女性は41.5%と、女性のほうが18.3%も高ポイントという結果だ。やはりスイーツなどブームにはいつでも女性が発端となっているイメージ。その傾向が出たのかもしれない。


関連記事:『まいっちんぐマチコ先生』からコギャルまで ミニスカートが似合う女性はお好き?

 

■10代女性が突出

さらに男女年齢別で見ると、10代女性が56.7%と突出した結果だ。

調査タピオカ

食べ歩きはたびたびブームがおこるものであり、クレープやわたあめなど、これまでも学生を筆頭に広がってきと思われる。今回のタピオカも、やはりSNS映えなどからも広まっているため10代女性が多いのも納得だ。


■ビジネスチャンスに注目?

一方、年収別で見ると、1000万円以上が48.6%と、とりわけ高い割合。

調査タピオカ

高収入層は、年齢の高い人も多いと思われるため、意外な結果である。もしかしたら、ビジネスチャンスとして、注目している人も多いのかもしれない。

ブームによって、多くの店が出店されている現在。スタンダードなものから変わり種まで、様々なものが味わえるチャンスだ。この機会に試してみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→再ブームは本当か? 若者がカセットテープで音楽を聴くようになった経緯とは

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ